優勝候補U-24スペイン代表が苦難の発進。前半で2人が負傷交代【東京五輪】

優勝候補U-24スペイン代表が苦難の発進。前半で2人が負傷交代【東京五輪】

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2021/07/22
No image

【写真:Getty Images】

東京五輪(東京オリンピック)男子サッカー・グループリーグC組第1節のU-24エジプト代表対U-24スペイン代表戦が22日に開催されている。今大会の優勝候補の一角に挙げられるスペインだが、前半は苦しい立ち上がりを強いられた。

スペインはMFペドリらも含め、A代表としてユーロ2020(欧州選手権)に出場していたメンバー6人全員が先発。さらにオーバーエイジ(OA)枠の3人も揃って先発し、今大会屈指の豪華な顔ぶれとなるベストメンバーで五輪初戦に臨んだ。

だがエジプトの激しいプレーに苦しめられ、前半はゴールを奪えず。MFダニ・セバージョスの強烈なシュートが惜しくも右ポストを叩くなどの場面もあったが、両チーム無得点で45分間を折り返した。

さらにスペインは前半のうちに2人が負傷交代するアクシデントにも見舞われた。前半22分にはDFオスカル・ミンゲサ、前半終了間際にはセバージョスがプレー続行不可能となり、それぞれ交代でピッチを後にしている。

編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加