【今季最強寒波】北海道は大荒れに 函館で最大瞬間風速 15.3メートル 車はホワイトアウト警戒でゆっくり走行

【今季最強寒波】北海道は大荒れに 函館で最大瞬間風速 15.3メートル 車はホワイトアウト警戒でゆっくり走行

  • ホッカイドウニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道内は今季最強の寒波の影響で、日本海側を中心に大雪となっています。1月25日午前11時半過ぎの函館市内の様子を中継でお伝えします。

No image

視界が悪い道路

【斉藤 健太 記者の中継報告】函館市内はいまは雪は止んでいますが、強い風が吹いています。時折り、視界も悪くなることもあり、車は警戒しながらゆっくりと走っています。函館市では、未明に最大瞬間風速15.3メートルを記録しました。今後、予想される最大瞬間風速は、日本海側と太平洋側で35メートル、オホーツク海側で30メートルとなっています。

No image

稚内市の様子

1月26日朝までに降る雪の量は、多いところで日本海側で50センチ、太平洋側とオホーツク海側で30センチです。波の高さは6メートルで大しけが予想されます。26日にかけて、猛吹雪による交通障害などに警戒が必要です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加