ソフトバンク初回6連打4得点で6連勝 工藤監督「素晴らしい攻撃」森、モイネロ温存

ソフトバンク初回6連打4得点で6連勝 工藤監督「素晴らしい攻撃」森、モイネロ温存

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/16
No image

ソフトバンク・工藤公康監督

「ソフトバンク7-3楽天」(16日、ペイペイドーム)

ソフトバンクが6連勝を果たした。「素晴らしい攻撃だった」と工藤監督が振り返る、初回の猛攻で試合の大勢を早々に決めた。

2番の川島からシングルヒットのみで6者連続安打。一、二塁と走者を置いて4番のグラシアルが先制打を放つと、栗原、中村晃、松田宣まで4者連続タイムリーを放った。

工藤監督も「全部単打で6連打はあまり記憶にない。理想的なつながりでした」と改めて振り返った。

先発のムーアは7回3失点で5勝目を挙げた。この日は2位ロッテも勝ったために、ゲーム差「4」は変わらなかった。

それでもソフトバンクが連勝を伸ばしたことに加えて、勝ちパターンのモイネロや森を温存しての勝利も価値がある。「これから先、競るゲームはある。休める時にはしっかり休めるようにと考えている」と指揮官は残り18試合となった最終盤の戦いを見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加