正代「昼知った」対戦相手の情報入れず立て直し成功

正代「昼知った」対戦相手の情報入れず立て直し成功

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

琴勝峰(右)を押し出しで破る正代(撮影・河田真司)

<大相撲初場所>◇4日日◇13日◇東京・両国国技館

かど番の大関正代(29=時津風)が、連敗を阻止して3勝目をあげた。

「初顔(初対戦)だから緊張した」という琴勝峰との一番。鋭い出足で立ち合い右を差し込み、左からおっつけと万全の攻めで相手に何もさせず、最後は押し出した。「立ち遅れない、しっかり1歩踏み込むことを考えていた。自分の形に持ち込めたのがよかった」と振り返った。

前日3日目は大栄翔に一方的に突き出された。「昨日の相撲は力負けというか勢いで負けたんで、変に考えこむことはなかった」。かつてはマイナス思考に陥っていた“ネガティブ力士”だが、大関として前向きに、この日の土俵を迎えた。

対戦相手は「今日(当日)の昼に知った」という。今場所は前日に対戦相手の情報を入れない。変に考え込まず、相撲に集中するべく、自身で決めた。「今日みたいに攻める相撲をとっていきたい」。しっかり立て直しに成功した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加