殺人犯や精神障害者の社会復帰は許されない? 贖罪の意識が歴史的事業を支えた『博士と狂人』

殺人犯や精神障害者の社会復帰は許されない? 贖罪の意識が歴史的事業を支えた『博士と狂人』

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/10/16
No image

オックスフォード英語辞典といえば、英国の名門オックスフォード大学の出版局が発行している世界最大にして最高峰の英語辞典だ。そのオックスフォード英語辞典(OED)の編纂に、殺人を犯した精神障害者がかかわっていたことはご存知だろうか。その事実を知ったことで、OEDの価値は下がってしまうだろうか。メル・ギブソンとショーン・ペンという重量級のハリウッドスターが共演した『博士と狂人』は、全12巻の刊行が終了するまでに70年の歳月を費やす歴史的大事業となったOEDの編纂がどのようにして進められたのかを描いたノンフィクションドラマ。過ちを犯した人をバッシングすることが日常となっている不寛容な現代社会において、注目すべき作品となっている。

時は19世紀後半。ビクトリア朝時代の英国・オックスフォード大学では、全世界に英国と英国文化の権威を示すために英語辞典の編纂作業が始まっていた。だが、膨大な量となる英語をすべて収録する辞書づくりは難航を極める。そこで編集主幹に起用されたのが、世界の言語に精通し、博学で知られる言語学者のジェームズ・マレー博士(メル・ギブソン)だった。学士号を持たないマレー博士は、学界では異端児だったが、それゆえに常識に囚われない画期的な発想で編集作業を進めるに違いないと期待される。

マレー博士は、シェイクスピア時代以降のあらゆる英語を収録し、語源、さらには用例をさまざまな文献から世紀ごとに網羅するという壮大な辞書を目指した。正規の編集者だけでは、手が足りない。そこで英国や米国の書店に協力してもらい、ボランティアの募集を告知する。やがて、マレー博士のもとに大量の英語の用例集が郵送されてきた。用例はとても的確で、引用した文献も文句のないものばかりだった。送られてきた住所を調べると、そこは精神病院だった。

送り主は精神病院に勤める職員だろうとマレー博士は思っていたが、そうではなかった。大量の用例集を長年送り続けてくれたお礼を伝えるために、マレー博士は精神病院を訪ねる。マレーの前に現れたのは、入院患者のウィリアム・チェスター・マイナー(ショーン・ペン)だった。マイナーは精神障害から罪のない労働者を射殺していた。OEDの編纂に欠かせないボランティアは、精神障害を抱えた殺人犯だったのだ。

米国の良家の生まれだったマイナーは、南北戦争に軍医として従軍。そこで悲惨な殺戮現場の数々を見てきた。戦争が終わっても、マイナーの心が安らぐことはなかった。環境を変えるために英国に渡ったが、マイナーの精神状態は良くはならなかった。アイルランド系の男に襲われる。そんな妄想から、マイナーはロンドンの貧民街で遭遇した労働者を誤って射殺してしまう。精神障害と診断されたマイナーは、刑務所の代わりに精神病院で残りの一生を過ごすことに。有り余る時間と情熱を費やし、マイナーは尋常ではない数の言葉の用例を採集していく。

マイナーはOEDの編纂に協力することで、社会とのつながりを持つ。そのことで、心の平穏さを取り戻していく。言葉の採集が、独房に閉じ込められたマイナーの生きがいだった。マレー博士から頼まれた語句の用例を見つけるため、大量の図書がマイナーの独房へと運ばれていく。マイナーの献身的な協力のお陰で、OEDの編纂はようやく軌道に乗ることができた。

マイナーにとって大きな原動力となったのは、“贖罪の意識”だった。マイナーが誤って射殺した労働者には、未亡人のイライザ(ナタリー・ドーマー)と7人の子どもたちが残されていた。ビクトリア朝時代は富裕層が栄華を極める一方、貧富の差が大きく開いた時代でもあった。食べるのにも困るイライザと子どもたちのために、マイナーは自分が受け取る軍人年金を渡そうとするが、イライザはこれを拒否する。頑なだったイライザだが、夫を殺した狂人の哀れな姿を見るために、病院を訪問。独房に篭り、黙々とOEDの編纂作業に協力するマイナーの姿を見たイライザは、心を動かされることになる。

あまりにも良くできた物語なのだが、原作はサイモン・ウィンチェスターが執筆した実録小説『博士と狂人 世界最高の辞書OEDの誕生秘話』(ハヤカワ・ノンフィクション)。映画の後半で、マイナーはより悲惨な状況に陥るが、それも事実に基づいていることが原作には記されている。ちなみに本作を撮ったファラド・サフィニア監督は、メル・ギブソン監督の歴史劇『アポカリプト』(06)の脚本家であり、4歳までイランで育ったイラン系米国人。メル・ギブソンとファラド監督はよりリアルな撮影を追求したために、製作会社と対立。米国での公開規模は縮小され、ファラド監督の本名ではない名前がクレジットされるはめとなった。

主演のメル・ギブソンは『ブレイブハート』(95)や『ハクソー・リッジ』(16)などの優れた監督作を残しているが、差別的発言などのトラブルをたびたび招いている。ショーン・ペンも、過去には飲酒運転と暴力で実刑判決を下された。マドンナ、ロビン・ライト、シャーリーズ・セロンたちとの交際と別離で、ゴシップ誌の常連となっている。だが、メル・ギブソンもショーン・ペンも俳優として評価はとても高い。本作でも辞書づくりという地味な題材の作品を、ヒゲオヤジ2人の熱いバディムービーとして、魅力ある作品に押し上げている。スクリーンの中の2人は、現実世界を離脱し、『博士と狂人』という物語世界のキャラクターに完璧になりきってみせている。

辞書は言葉の意味を知るためのものだ。そして言葉は、他人と理解しあうためにある。だが、マレー博士の妥協なき辞書づくりは刊行予定を大幅に遅らせ、また殺人犯であるマイナーが編纂に関わっていることが新聞報道され、大学の上層部から厳しく責められる。マイナーも未亡人イライザとの間に生まれた、より複雑な葛藤に苦しむことになる。自分の感情を正しく表現した言葉を見つけようとすれば、探せば探すだけ感情はその隙間をするりと逃げ出してしまう。ようやく適切な言葉を見つけても、言葉は生きており、刻一刻と言葉そのものも変化していく。辞書づくりのゴールは、果てしなく遠い。

三浦しをん原作小説を石井裕也監督が映画化した『舟を編む』(13)は、ライトな青春ラブストーリーとして楽しめた。韓国映画『マルモイ ことばあつめ』(19)は、アクションやコメディなどの娯楽要素が満載だった。ビクトリア朝時代の英国を舞台にした『博士と狂人』には、ハリウッドの人気スター共演による重厚な人間ドラマとしての見応えがある。どれも辞書づくりを題材にした映画だが、それぞれのお国がらや文化事情が反映されており、どの作品も面白い。

辞書映画の主人公たちは、まるで自分の家族を営むかのように時間を費やして、辞書づくりに情熱を捧げる。辞書だけでなく、人間社会そのものが小さな言葉の数々を積み重ねることで構成されている。社会で過ごす一日一日が重なり、歴史の一部となっていく。『博士と狂人』を観ていると、そんなことに気づかせられる。

No image

『博士と狂人』

原作/サイモン・ウィンチェスター 監督・脚本/P.B.シェムラン

出演/メル・ギブソン、ショーン・ペン、ナタリー・ドーマー、エディ・マーサン、ジェニファー・イーリー、スティーヴ・クーガン

配給/ポニーキャニオン 10月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

(c)2018 Definition Delaware,LLC. All Rights Reserved.

https://hakase-kyojin.jp

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加