広島、継投失敗3連敗 森下の9勝目が消える 打線も四回以降内野安打1本

広島、継投失敗3連敗 森下の9勝目が消える 打線も四回以降内野安打1本

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/20
No image

8回、阿部に逆転適時打を浴びるフランスア

「広島2-5中日」(17日、マツダスタジアム)

継投策が裏目に出て、広島が痛い逆転負け。引き分けを挟んで3連敗となった。

1点リードの八回に登板した塹江が1死一、二塁のピンチを招くと、佐々岡監督は守護神フランスアを投入。だがフランスアは四球で満塁とし、2死後、阿部、ビシエドの連続適時打で4点を失い、逆転を許した。

先発したドラフト1位の森下は、明大の3年先輩で、当時、寮では同部屋だった中日・柳との投手戦を演じた。ともに7回を投げ、森下は5安打1失点。柳は8安打2失点。だが、森下の9勝目は、逆転されたことで消えた。

打線は初回に鈴木誠、松山、西川の3連続長短打で1点を先制。三回には坂倉の適時打で加点。序盤は主導権を握ったが、四回以降は羽月の内野安打1本と沈黙した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加