「アーノルドはWBではなくCHで起用せよ!」 レドナップが推すワケとは

「アーノルドはWBではなくCHで起用せよ!」 レドナップが推すワケとは

  • Qoly
  • 更新日:2020/10/17
No image

かつては4-4-2システムを信奉していたイングランド代表。現在はギャリー・サウスゲイト監督のもと、3-4-3で戦っている。

今月の代表戦で右ウィングバックとして起用されたのは、リース・ジェームズ、トレント・アレクサンダー=アーノルド、キーラン・トリッピア。

ただ、元イングランド代表MFジェイミー・レドナップはアレクサンダー=アーノルドを中盤で起用したほうがいいと考えているようだ。『Sky Sports』によれば、こう述べていたという。

ジェイミー・レドナップ「(2人のCHのうち)右に彼を置く。彼は簡単にプレーできるはずだ。このチームを再形成する。デクラン・ライスはDFラインでもプレーできる、リース・ジェームズは右SB、トレントはここだ。両者(アーノルドとジェームズ)をチームに入れることができる。私がこの代表チームで見ようとしているのは、いい選手を中盤のポジションに入れることだ。ここはケヴィン・デブライネが活動しているエリアだ。彼はそのマジックで空けるためのスペースが分かっているからね。アレクサンダー=アーノルドにはいい頭脳があるので、ここでプレーできるはずだ。今の右サイドバックはとてもクレバーでどこでもプレーできる。クロスもパスもある」「トレンドの右サイドバックとしての資質は、ウィングバックとしては合わないかもしれない。かつてアシュリー・コールと話した際に『君はウィングバックとしてプレーすることが大好きだったはずだ』と言ったら、『いや、好きじゃなかっただろうね』と返答されたことがあるんだ。彼(アーノルド)はすごくいい選手さ。何度かリヴァプールでも中央でプレーするのを見たことがある。どこでもプレーさせられる。中盤でプレーした時のバイエルンのダヴィド・アラバやフィリップ・ラームを考えてみればいい。我々の中盤にはクオリティのある選手があまり多くいない。試したらうまくいくかもしれない」

アレクサンダー=アーノルドはもともとセンターハーフだったが、サイドバックとしてブレイクした選手でもある。レドナップはSBと中盤でプレーしたラームやヨシュア・キミッヒのようになれると考えているようだ。

いまやアレクサンダー=アーノルドのクロスはリヴァプールの“伝家の宝刀”になっている。

動画を見たい場合はここをタップ!

右SBのクロスを左SBが仕留める形も話題になった。

【関連記事】 「背番号2」なのに左サイドバックだった5人

なお、今月のイングランド代表はジョーダン・ヘンダーソンやライス、カルヴィン・フィリップス、ハリー・ウィンクスらを中盤の中央で起用している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加