稲見萌寧、「68」で通算10アンダー「少しずつでも伸ばしていけたら」/国内女子

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/11

宮里藍 サントリーレディス第2日(11日、兵庫・六甲国際GC=6517ヤード、パー72)サンケイスポーツなど後援。2打差の2位から出た稲見萌寧(21)=都築電気=が4バーディー、ボギーなしの68で回り、通算10アンダーに伸ばしてホールアウト時点で首位に立った。

初日に続いて安定のゴルフで伸ばし「ここ2日、ノーボギーで上がれたのはよかった」と充実感をにじませた。パーオンを逃したのは2ホールだけ。最も長かったパーパットも3メートルほどと、相変わらずの強さを見せた。

今月末の世界ランキングに基づく五輪ランキングで決まる東京五輪出場権争いでは畑岡奈紗(10位)に続いて、圏内の日本勢2番手(26位)につけており今大会Vならさらに近づく。今年に入って13戦5勝。昨年から合算されているシーズンでは6勝で、シーズン7勝ならツアー史上4人目(5度目)の快挙となる。「あと2日あるので、少しずつでも伸ばしていければ」と力を込めていた。

リーダーボードへツアー日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加