内装コーティングのソフト99『コンフォートガード』、なぜ水着コンパニオンは筒の中に?...東京オートサロン2022

内装コーティングのソフト99『コンフォートガード』、なぜ水着コンパニオンは筒の中に?...東京オートサロン2022

  • レスポンス
  • 更新日:2022/01/25
No image

ソフト99コーポレーション:コンフォートガード(東京オートサロン2022)

もっと画像を見る

新車のボディコーティングは市民権を得てきたと思う。やっておくと面倒なワックスがけから解放されその後の洗車が楽になる。汚れがつきにくいので下取り査定も程度上となることもある。ソフト99コーポレーションは4月発売予定の内装コーティングキットを東京オートサロン2022で展示していた。

BMW、V12エンジンの生産を終了へ...最終限定車を 7シリーズ に

コンフォートガードは、光触媒によるコーティングを天井、シート、フロアマットに行うことで、消臭効果、抗菌・抗ウイルス・防カビ効果が期待できるというもの。ただし、施工は業者が行う形になる。施工キットには、メンテナンス用のスポンジやクリーナー(メンテナンスキット)も含まれるので、車のオーナーは、施工してもらったらメンテナンスキットで手入れを行う。

キットはファブリック素材、レザー素材の2種類が用意されている。施工は新車時を想定しているが、施工そのものはクリーニングした内装でも不可能ではない。

ところで、展示ブースには大きなアクリルの筒が2つ設置してある。なぜかその中にコンパニオンのおねえさんがその中にいる。これは、新しいコロナ対策かと思ったが、本当の理由は不明だ。だが、照明やストロボがアクリルに反射するのでカメコ対策にもなっているのは確かだ。

日産『シルビア』復活!...メーカーが本気になるワケがあった

三菱自動車の加藤社長「当面EVで利益を出せるのは高級車と小型車の2種類」[新聞ウォッチ]

【ダイハツ アトレー 新型】発売1か月で月販目標の8倍、「第三の居場所」人気で

中尾真二

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加