大谷翔平とジャッジ、熾烈なMVP争いを米記者は歓迎「2人の偉大な選手が歴史的なシーズンを送っている。とてもクールなこと」【海外の反応】

大谷翔平とジャッジ、熾烈なMVP争いを米記者は歓迎「2人の偉大な選手が歴史的なシーズンを送っている。とてもクールなこと」【海外の反応】

  • ベースボールチャンネル
  • 更新日:2022/09/23
No image

Getty Images

大谷翔平とジャッジ、熾烈なMVP争いを米記者は歓迎「2人の偉大な選手が歴史的なシーズンを送っている。とてもクールなこと」【海外の反応】

ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手とニューヨーク・ヤンキースのアーロン・ジャッジ外野手による2022シーズンのア・リーグMVP争いは激しさを増している。米メディア『ジ・アスレチック』のサム・ブラム記者は二人の熾烈なMVP争いを歓迎した。

【写真】トップは25億円超? 日本人メジャーリーガーの歴代最高年俸ランキング

ジャッジは60本塁打を放ってホームランを量産し、ロジャー・マリス氏が持つア・リーグのシーズン最多本塁打記録(61本)まで残り1本に迫っている。一方で大谷はリーグ4位の34本塁打を放ちながら、投手としてはリーグ5位タイの13勝を飾るなど、二刀流として活躍を続けている。

ブラム記者は「誰がMVPを取るのか、正直分からない」と、頭を悩ませつつ「私は一票を持っているが、レギュラーシーズンが終わるまで選ぶ気はない。なぜ一部の人たち(特にある一人)は、毒のある会話にしたがるのか分からない。2人の偉大な選手が歴史的なシーズンを送っている。それはとてもクールなことではないか」と述べた。

baseballchannel

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加