広瀬アリス「スカートはいてとか言われるのが嫌だった」なりたいものは「イケメン」

広瀬アリス「スカートはいてとか言われるのが嫌だった」なりたいものは「イケメン」

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2022/05/13
No image

アニメ映画「バブル」の初日舞台あいさつに出席した、左から梶裕貴、志尊淳、広瀬アリス(撮影・佐藤成)

女優広瀬アリス(27)が13日、都内で、声優を務めたアニメ映画「バブル」(荒木哲郎監督)の初日舞台あいさつに志尊淳(27)らとともに出席した。

同作は、沈み掛けた東京を舞台に、未知の生態「バブル」と遭遇した少年、その少年に恋をした少女を中心に物語が展開する。

イベントで「もしなりたいものになれるなら?」との質問に、広瀬は「イケメン」と回答。「もともと男の子に憧れていて、小さい頃から女の子だからスカートはいてとか言われるのが嫌だった。男の子になりたいですし、なるんだったらイケメンがいいな。キャーキャー言われたい」と願った。

隣の志尊の方を向いて「志尊さんとかランウエーとか歩いたらすごいんじゃないですか?」と尋ねると、志尊は「すっごい気持ちいいです。めちゃめちゃ気持ちいいです。あのために仕事頑張るくらい。気持ちいいです」と照れながら明かした。

荒木監督、声優の梶裕貴(36)らも出席した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加