いよいよフィナーレへ!諏訪大社御柱祭「下社の里曳き」始まる 長野

いよいよフィナーレへ!諏訪大社御柱祭「下社の里曳き」始まる 長野

  • SBC NEWS
  • 更新日:2022/05/14

諏訪大社の御柱祭は祭りの締めくくりとなる下社の里曳き(さとびき)が始まりました。

下諏訪町の注連掛(しめかけ)に安置されていた下社の御柱8本は、午前8時過ぎに「春宮一の御柱」を先頭に曳き出されました。

史上初のトレーラーでの運搬となった山出しから1か月、自分たちの手で柱を曳くことができるとあって、氏子たちの熱気も最高潮です。

(氏子)「地域のみんなと祭りごとできるのは幸せ」

華やかな出し物も見もので、長持ちの練り歩きや騎馬行列が祭りに彩りを添えます。

8本の御柱は16日にかけて、下社の春宮と秋宮の境内に建てられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加