「マッドゴッド」フィル・ティペットによる絵コンテとコンセプトアートが解禁

「マッドゴッド」フィル・ティペットによる絵コンテとコンセプトアートが解禁

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/11/25

ストップモーションアニメ「マッドゴッド」の絵コンテとコンセプトアートが解禁された。

No image

「マッドゴッド」コンセプトアート

すべての画像・動画を見る(全16件)

本作は「スター・ウォーズ」シリーズなどの特殊効果を手がけてきたフィル・ティペットが、長い年月をかけて制作したダークファンタジー。人類最後の男・ラストマンによって地底世界に派遣されたアサシンが、化け物たちの巣窟と化したこの世の終わりのような光景を目撃するさまが描かれる。ラストマンをアレックス・コックスが演じた。

No image
No image

公開された絵コンテとコンセプトアートは、ティペットが書きためたもの。絵コンテでは、ガスマスクを着けたアサシンの姿などが確認できる。

No image

またこのたび、本作のグッズ販売が決定。グラフィックデザイナーの大島依提亜がデザインを手がけたオフィシャルグッズとして、赤いロゴ入りのTシャツ、トレーナー、トートバッグや、ティペットの手描き絵コンテをあしらったTシャツなどがラインナップされた。どの絵柄が出るかお楽しみのキーホルダーは、東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷などにて300個限定で発売される。詳細は公式サイトでご確認を。

No image
No image

さらに2つのタイアップ企業からグッズが販売される。「テロファクトリー」は、アサシンの姿が配されたTシャツを展開。「アシタノホラー」からはクリスマスオーナメント、アクリルキーホルダー、ポスターカレンダーのほか、クリエイターたちが参加したグッズが販売される。イラストレーター・前野めりの作品をプリントしたTシャツ、「カレー工房ギャー」が手がけた「マッドゴッドソース」などがラインナップに並んだ。Ato1snow(アトワンスノウ)が制作したオフィシャルアートのスノードームは、手作業の1点もの(限定3つ発売)だ。アシタノホラー、参加作家たちから寄せられたコメントは下記の通り。オフィシャルグッズ、アシタノホラー、テロファクトリーのグッズは、上映劇場や各オンラインショップにて12月2日から販売される。

「マッドゴッド」は12月2日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国で順次ロードショー。

Apsu Shusei(アシタノホラー 名誉顧問)コメント

創造主フィル・ティペットの摂理によって生み出されたモンスター達は意思ある獣のようで、そこには豊かな生命力があり、今も我々の知らない場所で生きているのかもしれない。きっと、これは地獄の愛の物語。

前野めり コメント

有機的な曲線と人工物の直線、光と影、ダークでありスイート。それらの対比がどのシーンにあり釘付けになりました。私はこんな美しい夢を毎日見たい!その中でも好きなシーンやモチーフを楽しく描かせていただきました。

Ato1snow コメント

映画を観たショックを何度でもフラッシュバックしてしまうようなスノードームを作りたいと思った。破壊、自滅、汚染、死...地獄の様な世界を生み出して、愚かな人間を嗤う神はいるのだろうか...。

カレー工房ギャー コメント

緻密に計算され尽くした映像の一瞬一瞬が、執拗な迄に観客の脳裏へと、温かい泥濘と心地良い綿毛に似た狂気を刷り込んでくる。観終わった後、貴方は正気で居られますか?俺は30年寝込んだ。
(ソースについて「好きなキノコと好きなスパイスと好きな油と好きな酢を執念深い愛情と共に低温でじっくり煮込んで仕上げたスパイスオイルです。幅のある旨味に脳が一瞬バグると思います。自分の好きな食べ方見つけてみてね。」)

(c)2021 Tippett Studio

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加