聖闘士星矢にワンパンマン!海外での“実写化予定”漫画&アニメ&ゲーム「期待する作品」は?【4位から10位】

聖闘士星矢にワンパンマン!海外での“実写化予定”漫画&アニメ&ゲーム「期待する作品」は?【4位から10位】

  • ふたまん+
  • 更新日:2022/01/15
No image

画像はジャンプコミックス『聖闘士星矢』第4巻(集英社)

さまざまな新企画が発表されている日本の漫画・アニメ・ゲームの海外での「実写化」企画。そこで今回ふたまん+では、10代から40代の男女300人に「海外での実写化予定漫画・アニメで期待するもの」についてアンケート調査を実施。その結果をもとに、第10位から第4位までの結果をランキング形式で紹介したい。(アンケートサイト「ボイスノート」調べ)

関連:【ランキング上位】海外での“実写化予定”漫画&アニメ&ゲーム「期待する作品」ランキングBEST3

■第10位『ロックマン』(4.3%)

海外では『MEGA MAN』の名称で親しまれるカプコンの名作アクションゲーム『ロックマン』の実写映画化企画が10位にランクイン。

2018年の『ロックマン11 運命の歯車!!』リリース後に20世紀スタジオ配給による実写映画として発表されていたが、昨年12月にNetflixにて企画が進行しているという追加情報が米IGNらに報じられた。『バイオハザード』『モンスターハンター』など、これまでにもカプコンのゲームの実写化が成功しているが、新たな人気作となるかキャスト発表など追加情報に期待したい。

■第9位『僕のヒーローアカデミア』(5.3%)

続く第9位にあがったのは堀越耕平氏の漫画『僕のヒーローアカデミア』の米レジェンダリー・ピクチャーズでの実写映画企画。日本ではもちろん、海外でも超人気の同作が『キングダム』『アイアムアヒーロー』などを手がけた佐藤信介監督によって全編英語作品として映画化されると発表されている。

アンケートでは「アメコミ要素が高い作品なので楽しみ」(31歳・男性)、「個性の能力のド派手な演出がみたい」(35歳・女性)などの声が寄せられた。

■第8位『聖闘士星矢』(6.0%)

車田正美氏による1980年代の『週刊少年ジャンプ』の人気漫画『聖闘士星矢』の実写映画企画が8位にあがった。

2017年にハリウッドでの実写化決定の発表から3年。『Knights of the Zodiac』というタイトルで、昨年9月に撮影が完了したことが発表されている。主人公の聖闘士星矢役は実写ドラマ『ONE PIECE』でもゾロ役として名を連ねている新田真剣佑が起用されている。必殺技や聖衣(クロス)をどう表現するかに注目が集まりそうだ。

■第7位『ワンパンマン』(6.3%)

7位はONE氏原作、村田雄介氏作画による漫画『ワンパンマン』の実写映画化企画。『ヴェノム』のコンビ、ジェフ・ピンクナー氏とスコット・ローゼンバーグ氏が脚本を務めることが発表されている。

ハリウッド実写化発表後、ファンの間ではどんな俳優が起用されるかということが話題に。今回のアンケートでも「どんな配役か楽しみです」(38歳・女性)という意見が多かった。

■第6位『約束のネバーランド』(7.7%)

期待する海外実写化第6位は『約束のネバーランド』だ。救い難い展開や巧みな心理戦などが人気を博しテレビアニメ化に加えて、日本でも浜辺美波主演で実写映画化もされている。

現在発表されているのは20世紀スタジオのFOX21による実写ドラマ化企画。制作陣には『スパイダーマン:スパイダーバース』で監督を務めたロドニー・ロスマン氏や『HEROES』のマシ・オカなどが関わるとされているが、情報解禁から今に至るまで新たな動きを見せていない。

■第5位『幽☆遊☆白書』(9.7%)

第5位は1990年代に『週刊少年ジャンプ』で連載された冨樫義博氏の人気漫画『幽☆遊☆白書』のドラマ化企画。昨年11月、Netflixの新作ラインナップ紹介映像で2023年12月に配信されることが発表され大きな話題を集めた。

制作はNetflixで『今際の国のアリス』などを手がけるROBOTが担当することから、おそらくは日本での撮影でキャストも日本の俳優が起用されるものと予想されるが、現段階ではいずれも未定。海外実写企画かどうか不明ではあるものの、今回のアンケートでは「もし海外作だったら、日本のヤンキーがどう受け入れられるのか」(39歳・男性)、「どうせなら外国人俳優で撮ってほしい」、(37歳・女性)、「戸愚呂兄弟が楽しみ」(41歳・男性)といった声がアンケートでは寄せられた。

■第4位『進撃の巨人』(10.3%)

第4位にあがったのは、昨年完結を迎えた諫山創氏のダークファンタジー漫画『進撃の巨人』のハリウッド映画化企画だ。日本でも2015年に2部作で実写映画化されているが、2018年に配給のワーナー・ブラザースと講談社が契約を結び、『IT/イット』シリーズのアンディ・ムスキエティ氏が同作の監督を務めることが伝えられていた。しかしその後一切進展がなく、公開時期やキャストなどは不明となっている。

アンケートでは「あの壮大なスケールをハリウッドでどのように表現するのか気になる」(40歳・女性)という声が寄せられた。追加の情報に期待したいところだ。

以上が今回のアンケートの10位から4位までの結果だ。なおトップ3の結果は「海外での“実写化予定”漫画&アニメ『完成に期待する作品』ランキングBEST3」という記事を参照いただきたい。

【ランキング上位】海外での“実写化予定”漫画&アニメ&ゲーム「期待する作品」ランキングBEST3

杏藤伝

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加