順大・三浦龍司 大迫超え!U20ハーフ新 箱根予選会で新世紀世代旋風吹き荒れる

順大・三浦龍司 大迫超え!U20ハーフ新 箱根予選会で新世紀世代旋風吹き荒れる

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

日本人1位でゴールする順大・三浦龍司(代表撮影)

「箱根駅伝予選会」(17日、陸上自衛隊立川駐屯地内周回コース)

46校が参加し、各校上位10人の合計タイムで1位の順大など10校が本大会(来年1月2、3日)の出場権を獲得した。10年連続62度目の出場を決めた順大は、1年生の三浦龍司(18)が1時間1分41秒で日本選手トップの全体5位。大迫傑(ナイキ)が早大1年時にマークしたU20(20歳未満)ハーフマラソン日本歴代最高記録を6秒上回った。2位の中大も1年生の吉居大和(18)が全体10位の1時間1分47秒で快走し、2001年度生まれの“新世紀世代”が躍動した。本大会は前回総合優勝の青学大を筆頭に10位までのシード校と、オープン参加の関東学生連合を加えた21チームが走る。

圧巻のレースを展開したスーパー1年生は、ゴールする瞬間、後ろを確認しながらわずかにうなずいた。三浦は結果発表を仲間と待ち、1位に「順天堂大学」がコールされると両手を突き上げ、跳び上がって喜んだ。終わってみれば、大迫超えの大記録。「初のハーフレースで自信になった。これからも自信を持って臨める」と大満足の様子だった。

同学年のライバルにも刺激された。序盤から先頭集団に食らいつく吉居の姿に「追いつきたい。ラストで勝負できたら」。着実な試合運びで、スーパールーキー対決も制した。

“新世紀世代”だ。同級生は阪神の井上広大、サッカーの久保建英、女子ゴルフの笹生優花、元欅坂46の平手友梨奈など、第一線で活躍する著名人が並ぶ。三浦も7月のホクレン中距離チャレンジ3000メートル障害で日本歴代2位をマーク。期間外ながら東京五輪の参加標準記録も上回り、五輪候補として名乗りを上げた。

順大・長門俊介監督は「(1時間)2分30秒は切れるかなと思っていたけど、彼の潜在能力の高さを改めて感じた」と大絶賛。順大OBで3000メートル障害でリオ五輪代表の塩尻和也(富士通)と比べても、「1年時ではよりいい練習ができてる」とポテンシャルの高さに太鼓判を押した。

今後は11月の全日本大学駅伝、12月の日本選手権長距離の3000メートル障害に出場し、来年の箱根駅伝の本戦に挑む。「(予選会は)不安もあったけど自信もついて、これからは(駅伝も)楽しみに変わるのかな」と期待も膨らむ。

希望区間は「今は6区」としつつも「1区、2区の前半区間を目指してもいいのかな」とエース区間の2区も視野に入れる。長門監督も「1番のキーポイントで使いたい。起伏のある所で対応できる」と期待し、2区起用も「状況次第」と否定しなかった。大迫もかつては箱根路で活躍し、塩尻は4年連続で2区を走った。大先輩の背中を追って、“箱根から世界へ”飛び立つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加