Nexperia、48V車載/高電圧バス回路向けに80V抵抗内蔵トランジスタを発表

Nexperia、48V車載/高電圧バス回路向けに80V抵抗内蔵トランジスタを発表

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/01/14
No image

Nexperiaは1月12日(オランダ時間)、48V車載/高電圧バス回路向け80V抵抗内蔵トランジスタ(RET)ファミリとして、PNPもしくはNPNタイプのデジタルトランジスタ「NHDTxシリーズ」ならびにPNPとNPNのデュアルデジタルトランジスタ「NHUMxシリーズ」を発表した。

Nexperia、サイド・ウェッタブル・フランクを採用したLEDドライバを発表

48V車載ボード・ネット(マイルド・ハイブリッド車、電気自動車など)やその他の高電圧回路は大きなスパイクやパルスの影響を受けやすく、従来の50V部品では対応が困難であったが、今回の2シリーズを活用することでそうした大きなスパイクやパルスに余裕を持って対応できるようになるという。

また、既存のトランジスタと同じSOT23(Ptot:250mW)やSOT323(Ptot:235mW)パッケージにバイアス抵抗ならびにバイアス・エミッタ抵抗を内蔵しているため、スペースと製造コストの節減を可能にするほか、デュアルRETもSOT363パッケージで提供され、全許容損失(Ptot)が350mWであるため、より高い統合度とスペース節減を可能にするという。

なお2シリーズ合計で42製品が量産出荷を開始されており、50V製品と同等のバイアス抵抗を組み合わせているという。
最大電流は100mAで、AEC-Q101に準拠しているが、48V車載回路ドライバ・アプリケーションのほか、汎用スイッチ/増幅システムやその他のデジタル・システムにもメリットを提供できると同社では説明している。

和根﨑友梨子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加