ネトフリ『極悪女王』、唐田えりかは女優魂「10キロ超パンパン激太り」の一方、剛力彩芽に「降板級大問題」発生中!破格の「増量手当て」“意味ナシ”の「太れない...」実態!!

ネトフリ『極悪女王』、唐田えりかは女優魂「10キロ超パンパン激太り」の一方、剛力彩芽に「降板級大問題」発生中!破格の「増量手当て」“意味ナシ”の「太れない...」実態!!

  • 日刊大衆
  • 更新日:2022/08/06
No image

唐田えりか、剛力彩芽

「唐田さんの復帰作という要素ばかりが注目されていますが……実は困っているのは、彼女ではなく“相方”の方なんですよね」

関連:■【画像】剛力彩芽「周囲の景色と完全同化」の花々に囲まれたショット

そう女性誌記者が声を潜めて話すのは、80年代に空前の女子プロレスブームを巻き起こしたカリスマ”最恐ヒール”ダンプ松本の半生を、ゆりやんレトリィバァ(31)主演で描く23年公開予定のネットフリックスのドラマ『極悪女王』についてのこと。

同作では、ダンプ松本のライバルのベビーフェイスとして驚異的な人気を誇った女子プロレスタッグ『クラッシュギャルズ』の長与千種(57)とライオネス飛鳥(58)役をそれぞれ唐田えりか(24)と剛力彩芽(29)が起用されたことが話題となっていた。

「8月9日号の『FLASH』(光文社)は、撮影中の剛力と唐田が談笑する姿をとらえましたが、そこでの唐田さんの姿が、10kg増量してジーンズの太もも回りもパンパンかつ、顔の輪郭もまるで面影がなくて“もはや誰?”レベルにビルドアップしていることが話題を呼んでいました。これでもまだ“目標体重”には届いていないとのことで、さらなる増量をすると思われます」(前出の女性誌記者)

唐田は20年1月に東出昌大(34)との不倫騒動が明らかになる前は、同事務所の先輩である有村架純の“後継者”とされる期待の新人で、有村のマネジャーが《大型新人》として《唐田ちゃん、TMK(透明感)がすごいです!》とツイートしたこともあった。

まだデビュー間もない15年(当時17歳)には『サンケイスポーツ』のインタビューに、

「最近は体形維持のために、甘い物を食べたいときはチロルチョコ1個にしています」

と、芸能人としての自覚が芽生えつつあるコメントをしていたことがあった。

■問題は唐田ではなく剛力

「そうした清純派のビジュアルを捨てての役作りぶりを見るに、この作品にかける熱意は本当にすごいのでしょう。唐田さんは東出さんと違って、謝罪は事務所コメントだけで公の場で謝罪や説明はしていないので、なおさらこれが“みそぎ”になるでしょうね。

『クラッシュギャルズ』は、悪役との試合での流血や凶器攻撃されるも当たり前。そのシーンもガチンコで挑むでしょうから、なおさらです。ただ、ここで問題になってくるのが、唐田さんの相方、剛力さんが太らない、いや太れないことなんですよね……」(前出の女性誌記者)

『FLASH』では《食べても体重が増えてくれないそう。剛力さんに関しては、トレーナーも『あと5kgが限界では……』とお手上げでした。》という関係者コメントがあり、実際に写真を見る限り、唐田に比べるとそこまで太れていない印象を受ける。

「ネットフリックスは、ふつうのテレビドラマや映画と比べても予算が潤沢といわれていますが、『極悪女王』についても増量中はもちろん、クランクアップ後、元の体型に戻す期間のギャラまで発生するといいます。ただ、トレーニング期間の月に数十万ものカネが数か月にわたって出るわけですから、結果も出さなければいけない。太りにくい体質なのかもしれませんが、剛力さんは苦戦を強いられることになりそうです」(前同)

不倫騒動の唐田ほどではないが「当時の事務所関係者の反対を押し切って前澤友作氏(46)と交際し、結果的に所属していた大手事務所から20年8月末で独立したうえ破局してしまった」という苦い出来事が記憶に新しい剛力。無事、ビルドアップできるといいのだが……。

大島優子、“赤ちゃんを抱っこする”プライベートショットですっかり母の顔!「素敵な写真」「子供の成長も早いですね」

日刊大衆編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加