岸部四郎が71歳で死去

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2020/09/15

岸部四郎が8月28日に拡張型心筋症による急性心不全で死去したことがわかった。71歳だった。

2003年に脳出血を患い、その後はパーキンソン病や視野狭窄と闘いながら復帰を目指していた岸辺。葬儀はすでに家族のみで執り行われたという。

岸部は沢田研二がボーカルを務め、兄の一徳もベーシストとして所属していたバンド、ザ・タイガースにギタリストとして加入し、バンド解散後はタレントに転向。ワイドショー「ルックルックこんにちは」で司会を務めたほか、ドラマ「西遊記」の沙悟浄役など、さまざまな作品に俳優として出演した。また2012年に行われた沢田の東京・日本武道館公演や、2013年に東京・東京ドームで行われたザ・タイガースの再結成ツアーファイナルには車椅子姿で出演した。

音楽ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加