「エンジェルスを見るくらいなら仕事だ」大谷翔平、2本塁打の活躍も本拠地の“ガラガラぶり”に「これは酷い」の指摘

「エンジェルスを見るくらいなら仕事だ」大谷翔平、2本塁打の活躍も本拠地の“ガラガラぶり”に「これは酷い」の指摘

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/08/06
No image

先制アーチ後の“さみしい光景”に嘆きの声が上がっている。

【動画】豪快な先制アーチも客席はガラガラ…。大谷翔平の23号シーンをチェック

現地時間8月4日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、本拠地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦に「2番・DH」でスタメン出場。23、24号ソロを含む5打数3安打2打点と大活躍。チームが7対8で連敗を喫したなか、今季5度目の1試合2本塁打をマークした。

ただ、この試合中、通算509本塁打を誇るゲイリー・シェフィールド氏(元ニューヨーク・ヤンキースなど)の息子で、MLBのポッドキャスト番組で活躍するゲイリー・シェフィールドJr.氏は、公式ツイッターで23号の着弾地点に注目。「オオタニがガラガラの本拠地でプレーしている。これは酷い」と感想を記している。

さらに、フォロワーから反応が寄せられたリプライに対しては、「エンジェルスの野球を見るくらいなら、彼らは仕事をしたいと思うのだろう」と続け、「(ロサンゼルス・)ドジャースのファンはデイゲームでもスタジアムを埋め尽くす」ともコメント。今回の“ガラガラぶり”には、驚きを隠せなかったようだ。

現在、エンジェルスはアメリカン・リーグ西地区で4位と低迷しており、プレーオフ進出が厳しい状況。マイク・トラウトやアンソニー・レンドーンといった主力も故障で離脱し、大谷への負担が増えている印象だが、はたして今後はどのような戦いとなっていくのだろうか――。

構成●THE DIGEST編集部

【PHOTO】昨季はMVPを獲得!更なる飛躍を目指しMLB2022シーズンで躍動する大谷翔平を特集!

【関連記事】「大谷のトレード価値は今後下落するだろう」現地メディアがエンジェルスを夏の移籍市場の“負け組”に挙げる理由<SLUGGER>

【関連記事】「エンジェルスの最大の問題はオーナーだ」再建不可避のチームがそれでも大谷翔平をトレードできない最大の理由<SLUGGER>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加