横浜FM、C大阪に10年ぶり勝利! オナイウ阿道が値千金の決勝弾

横浜FM、C大阪に10年ぶり勝利! オナイウ阿道が値千金の決勝弾

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/04/06
No image

横浜FMとC大阪が対戦した [写真]=J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ第8節が6日に行われ、横浜F・マリノスとセレッソ大阪が対戦した。

C大阪は6日に関係者1名が新型コロナウイルスの陽性判定を受け、レヴィー・クルピ監督と関係者1名はJリーグ独自の基準で濃厚接触疑い者と特定された。クルピ監督不在で臨む横浜FM戦は、DF瀬古歩夢やFW大久保嘉人らがメンバーから外れた一方、GK春名竜聖やMF松本泰志、FW中島元彦ら複数の若手がベンチ入りを果たした。

8分、C大阪は松田力の折り返しに豊川雄太が頭で合わせたが、これはクロスバーの上。10分には右サイドを抜け出した松田陸の折り返しに松田力がニアサイドで合わせてファーサイドに流し込もうとしたが、ポストに弾かれる。こぼれ球に豊川が反応して押し込んだが、松田力の時点でオフサイドがあったため、ゴールは認められない。

ホームの横浜FMは36分、高野遼が左から折り返したクロスに前田大然が合わせたが、シュートは枠を捉えられない。前半はお互いに得点が奪えず、スコアレスで折り返した。

C大阪は61分、左サイドから藤田直之がゴールに向かうボールを供給。密集を通り越して直接ゴールに向かったが、相手GK高丘陽平に阻まれて得点には至らない。

対する横浜FMは引水タイム後に押し込む展開が続くと、87分に待望の先制点を獲得する。水沼宏太が左から供給したコーナーキックに合わせたチアゴ・マルチンスのヘディング弾がブロックされると、こぼれ球に再びT・マルチンスが反応。これも阻まれたが、セカンドボールをオナイウ阿道が押し込んだ。

試合はこのまま終了。横浜FMは2試合ぶりの白星でリーグ6戦無敗、C大阪は6試合ぶりの黒星で今季3敗目となった。また、横浜FMがC大阪にリーグ戦で勝利したのは、2011年8月24日以来、15試合ぶりとなる。次節、横浜FMは11日にアウェイでベガルタ仙台と、C大阪は10日にホームでアビスパ福岡と対戦する。

【スコア】
横浜F・マリノス 1-0 セレッソ大阪

【得点者】
1-0 87分 オナイウ阿道(横浜FM)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加