ちむどんどん第26回・上京した暢子、初めての東京は驚きの連続

ちむどんどん第26回・上京した暢子、初めての東京は驚きの連続

  • Lmaga.jp
  • 更新日:2022/05/14

沖縄本島北部・やんばる地域で生まれ育ったヒロインが、東京で料理人を目指す姿を描く連続テレビ小説『ちむどんどん』(NHK朝ドラ)。「はじまりのゴーヤーチャンプルー」と題する第6週(5月16日〜20日放送)では、高校を卒業した暢子が夢のために上京する。

No image

銀座のレストランで料理を頬張る比嘉暢子(黒島結菜)(C)NHK

沖縄が本土復帰を果たした1972年(昭和47年)5月、料理人になることを夢見るヒロイン・暢子(黒島結菜)が東京へやってきた第26回(5月16日放送)。東京に着いた暢子は、故郷とは異なる都会の喧騒に驚く。

友人の早苗(高田夏帆)と訪れた銀座のレストランで口にした料理に衝撃を受けるなど、驚きの連続に胸を高鳴らせる暢子。東京で身を寄せる兄・賢秀(竜星涼)がいるボクシングジムを訪問するが・・・。

本作は、ふるさとの沖縄料理に夢をかけるヒロインと強い絆で結ばれた家族の、沖縄本土復帰からの50年の歩みを描く物語。放送は、NHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加