王者バイエルン、20季ぶりのDFB杯2回戦敗退...2部キールが劇的同点弾&PK戦制して大金星!

王者バイエルン、20季ぶりのDFB杯2回戦敗退...2部キールが劇的同点弾&PK戦制して大金星!

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/01/14
No image

バイエルンがまさかのDFBポカール2回戦敗退 [写真]=Getty Images

DFBポカール2回戦が13日に行われ、ホルシュタイン・キールとバイエルンが対戦した。

大会2連覇中の王者バイエルンと2部で現在3位のキールが激突。なお、今試合は昨年12月23日に行われる予定だったが、チャンピオンズリーグ参戦などで過密日程を強いられているバイエルンの延期要請が受け入れられ、1月開催となった。

試合は14分、アウェイのバイエルンが先制。コランタン・トリッソが右サイドからクロスを入れ、中央のトーマス・ミュラーが頭で落とすと、GKが弾いたボールをセルジュ・ニャブリが押し込んで先制点を奪った。しかしキールも37分、ヤニック・デームが自陣から絶妙なロングボールを送ると、抜け出したフィン・バルテルスが冷静に流し込んで同点ゴールを奪った。

1-1で折り返した試合は後半の立ち上がりに再び動いた。バイエルンは48分、レロイ・サネがエリア前右のFKで左足を振り抜くと、完璧なコースでゴール右上隅に沈めて勝ち越しに成功した。リードを得たバイエルンは74分にロベルト・レヴァンドフスキとドウグラス・コスタを投入したが、追加点は奪えず。

すると、雪が降り出した試合終了間際にドラマが待っていた。後半アディショナルタイム5分、キールはヨハネス・ファン・デン・ベルクが左サイドからクロスを上げると、中央のハウケ・ヴァールがヘディングシュート。これがGKマヌエル・ノイアーの頭上を超えてゴール右隅に決まり、劇的同点ゴールで土壇場に追いついた。

試合はこのまま延長戦に入ったが、両者譲らないまま120分が終了し、PK戦に突入。PK戦は先攻のバイエルンが6人目をセーブされると、後攻のキールは6人が全員成功して勝負あり。キールがPK戦で王者撃破の快挙を果たし、バイエルンは2000-01シーズン以来、20シーズンぶりとなる2回戦敗退を喫した。

勝ち進んだキールは2月2日もしくは3日に行われる3回戦で2部のダルムシュタットと対戦する。

【スコア】
ホルシュタイン・キール 2-2(PK戦:6-5) バイエルン

【得点者】
0-1 14分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
1-1 37分 フィン・バルテルス(キール)
1-2 48分 レロイ・サネ(バイエルン)
2-2 90+5分 ハウケ・ヴァール(キール)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加