チャンピオンズリーグ8強の「絶対に忘れない!」CLユニフォーム8選

チャンピオンズリーグ8強の「絶対に忘れない!」CLユニフォーム8選

  • Qoly
  • 更新日:2021/04/06
No image

いよいよ始まるUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝・ファーストレグ。

そこで、今季8強の思い出に残る印象深い「絶対に忘れないユニフォーム」を選んでみたのでご紹介しよう。

マンチェスター・シティ

No image
No image

マンチェスター・シティ 2011-12 Umbro CLホーム

クラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグ出場となった記念すべきシーズン。グループステージではバイエルン、ナポリ、ビジャレアルという強敵揃いのグループAに所属。勝ち点10を上げるも3位でGS敗退となっている。

ドルトムント

No image
No image

ボルシア・ドルトムント 1996-97 Nike CLホーム

ユヴェントスとの決勝戦を3-1で勝利し、記念すべきCL初優勝を成し遂げた96-97シーズン。このユニフォームはカップ戦用として使われていた。胸スポンサーはドイツの保険会社「Die Continentale」で、“C”マークが独特の存在感を放つ。

レアル・マドリー

No image
No image

レアル・マドリー 2013-14 adidas CLホーム

アトレティコ・マドリーとの決勝は、CL史上初となる「同じ街をホームタウンとする」チーム同士による一戦に。試合はレアル・マドリーが4-1で勝利し、12年ぶり10回目の優勝を果たした。 ロナウドはこのシーズン、CLだけで17ゴールを記録している。

リヴァプール

No image
No image

リヴァプール 2007-08 adidas CLホーム

CLにおけるリヴァプールといえば04-05シーズン(イスタンブールの奇跡)となるが、あえて07-08シーズンに。決勝トーナメントではインテル、アーセナルを下すも、準決勝でチェルシーに敗れている。ユニフォームは2シーズン使用した06-08モデルだが、2季に渡るCLでの戦いぶりが記憶に残る。

ポルト

No image
No image

FCポルト 2003-04 Nike CLホーム

決勝でモナコ(フランス)を下したポルトが、86-87シーズン以来となる優勝を果たした大会。指揮官ジョゼ・モウリーニョの名も広く知られることに。ストライプの好デザインが光るユニフォームは当時マニアに人気の一着だった。

チェルシー

No image
No image

チェルシー 2004-05 Umbro CLホーム

Vネックがすっきりとした印象を与えるユニフォームは03-05の2シーズンで使用。04-05シーズンのCLではバルセロナやバイエルンと壮絶な打ち合いを演じたが、とりわけ4-2で勝利したバルセロナとの決勝トーナメント1回戦・2ndレグは、クラブ史上に残る名勝負として記憶に残る。

バイエルン

No image
No image

バイエルン・ミュンヘン 2013 adidas CLファイナル

ドルトムントとの「CL史上初となるドイツ同士の決勝戦」を2-1で制し、バイエルンが12年ぶり5回目の優勝を果たした。バイエルンはこの試合で13-14シーズンのホームユニフォームを一足早く投入。幸先の良いスタートを切っている。

パリ・サンジェルマン

No image

【関連記事】貴公子ベッカムに「似合いすぎた」かっこいいユニフォーム7選

No image

パリ・サンジェルマン 2012-13 Nike CLホーム

8年ぶりのCL出場となった12-13シーズンは、準々決勝でバルセロナに敗れている。ユニフォームはネイビーを基調に、シャープなデザインが人気の一着だった。

2013年1月にPSGへ加入したデヴィッド・ベッカムは、このシーズンを最後に現役を引退。結果的に最後のCL出場となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加