551蓬莱の味が遂に東京に! 創業者の孫が監修した『羅家 東京豚饅』(恵比寿)に注目

551蓬莱の味が遂に東京に! 創業者の孫が監修した『羅家 東京豚饅』(恵比寿)に注目

  • 食楽web
  • 更新日:2021/11/25
No image

食楽web

東京・恵比寿にて、11月25日に豚饅専門店『羅家 東京豚饅(とうきょうぶたまん)』がオープンします。今や全国区といっていいほどの知名度と人気を獲得している大阪名物の豚まん『551蓬莱』の“作りたてほやほや”が、ついに東京でも食べられるようになるとあって、美味しいもの好きだけでなく、かつて大阪近辺に住んでいた方の心もザワつかせています。

No image

「豚饅」1個200円

お店のオーナーを務める羅直也氏は、都内にレストランやカフェなど計14店舗を手掛ける気鋭の実業家にして、『551蓬莱』の創業者である羅 邦強氏のお孫さんとしても知られている方。

その羅氏がプロデュースする『羅家 東京豚饅』にて提供される「豚饅」は、創業者より直伝された「551蓬莱の豚まん」のレシピを完全に再現! さらに当日生産・当日販売という、大阪の店舗と同じスタイルを採用するんだそうです。

No image

「豚饅」の餡は、質の高い豚肉と玉ねぎの2種類だけと驚くほどシンプル。異なる部位3種類と玉ねぎをバランス良く配合し、さらに“直伝のレシピ”による調味料を加えることで、他にはない食感と旨みを引き出しています。

ふんわりもちもちのネタ(皮)も、発酵のピークをコントロールすることで抜群の鮮度をキープ。お店では最も美味しい状態で提供されます。

No image

さらにお店では、スパイシーな味わいがクセになる「黒胡麻豚饅」と、海老の食感と海鮮の旨みを最大限に活かした「XO蝦(えび)豚饅」のオリジナル2種類を提供。どちらも1個が通常の1/3サイズ、8個セットで販売されます。

各種メニューはテイクアウトだけでなく、店内のイートインスペースで出来立てをそのまま食べることが可能! 看板商品の「豚饅」(1個200円)を始め、「豚饅」の食べ比べができる「豚饅小 セットB」(1200円)や「饅頭(6個)」など多彩なメニューを販売。また、台湾ビールやレモンサワーなど各種ドリンクも用意されており、お店でダイレクトに美味しい時間を過ごすことができます。

お店はJR恵比寿駅から至近にありますので、近くまで寄られた際はぜひ訪店して極上の「豚饅」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

●SHOP INFO

No image

店名:羅家 東京豚饅

住:東京都渋谷区恵比寿1-5-2 こうげつビル1F
TEL:03-3441-0551
営:11:30~21:00
休:なし

食楽web

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加