SixTONES・田中 樹×髙地優吾 ホワイトデーが大変だった!? バレンタインデーの思い出を振り返る

SixTONES・田中 樹×髙地優吾 ホワイトデーが大変だった!? バレンタインデーの思い出を振り返る

  • TOKYO FM
  • 更新日:2021/03/01
No image

TOKYO FMの新音声サービス「AuDee(オーディー)」にて配信中のコンテンツ「Monthly Artist File -THE VOICE-」。1ヵ月ごとに担当アーティストが替わり、楽曲の制作秘話や番組でしか聴けない特別なエピソードを語ります。1月は6人組男性アイドルグループSixTONES(ストーンズ)が担当。1月24日(日)の配信では、メンバーの髙地優吾と田中 樹が登場しました。

※この回の放送はAuDeeではご試聴いただくことができません。

「Monthly Artist File -THE VOICE-」

◆髙地と田中がリフレッシュする方法を紹介
SixTONESのニューアルバム『1ST』にちなんで、「初めて挑戦したいこと」というテーマでメッセージを募集。リスナーの「文武両道を目指していますが、いっぱいいっぱいになっています。リフレッシュの方法を教えてください」という相談に対して、2人の出した答えとは?

髙地:今のご時世だと難しいけど、1人で温泉に行ったりとか、景色がいい所に行ったりするかな。広大なところに行くと、「なんて自分はちっぽけなんだろう。自分の悩みなんて大したことないな」って思えてくる。

田中:ラフでいることが大事だよね。俺はイライラしたら、曲を作る。RAPを書いて録音して、それを流して聴いてスッキリする。

髙地:俺はリリックとか書けないから、風呂場でブツブツ言ってる(笑)。

田中:(笑)。

◆2人のバレンタインデーの思い出は?

バレンタインデーが間近な時期ということもあり、2人はバレンタインの思い出について語り合いました。

髙地:どんなチョコレートが好きだった?

田中:チョコじゃなくて、スイートポテトとかみんなと違うやつが(もらったときに)嬉しかったっていうか、印象に残った。

髙地:俺はクランキーのチョコがめっちゃ好きだった。

田中:コンビニとかでも買えるやつね。ホワイトデーも大変だったよな。

髙地:俺はね、スタッフさんにだけど、チーズケーキを作ってお返ししたことがある。

田中:手作りって気持ちが嬉しいよね。(バレンタインデーは)おいしいものを渡す日じゃなくて、気持ちを伝える日だからね。

◆バレンタインデーに聴きたいラブソングを選曲!

番組では、「バレンタインデーに聴きたいラブソング」をテーマに、2人がオススメの楽曲を紹介。

髙地:僕が選曲したのは、TEEさんの「ベイビー・アイラブユー」です。王道中の王道かもしれない。俺らが高校生ぐらいの曲じゃない?

田中:長いこと聴き馴染んでいるイメージはあるね。いつ聴いてもいい歌だし、みんな口ずさめるよね。

一方で、田中はJP THE WAVYの「LIKE I LOVE YOU feat. Ninety6miles」をセレクト。

田中:等身大というか、リアルな楽曲なんだよね。歌っている人のリアルを想像させやすいというか。

髙地:そうなんだ。

田中:回りくどい言い方で塗り固めるっていうよりも、リアルをそのまま文字にしているような方です。

髙地:ストレートに気持ちを伝えてくれる方なんだね。

田中:ぜひ、聴いていただきたいなと思います。

<番組概要>
番組名:Monthly Artist File -THE VOICE-
配信日時:毎週日曜 13:00~13:55
パーソナリティ:SixTONES(1月担当・月替わりで変更)
番組Webサイト: https://www.tfm.co.jp/maf/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加