巨人・中田 意地の一発の裏に「原の洗礼」

巨人・中田 意地の一発の裏に「原の洗礼」

  • ココカラネクスト
  • 更新日:2022/05/14
No image

巨人は13日の中日戦(東京ドーム)に5―2と勝利。ポランコが4打数4安打と爆発、5番に入った中田もプロ初の犠打を含め、豪快なアーチをかけるなど、チームを援護した。

【関連記事】【巨人】梶谷離脱で浮き彫りになった〝原全権監督〟の「危うさ」とは

1ー1で迎えた4回無死一、二塁。打席に入った中田がバントの構えを見せると球場からどよめきの声が起きた。初球はファウル、2球目をきれいに投前に転がして成功。直後の大城の二ゴロで勝ち越した。中田にとってはこれがプロ初の犠打。相手投手は球界屈指の好投手、大野だっただけに早めに点を奪いたいベンチの意図に見事、応えた。

さらに見せ場は8回だ。3ー2と1点をリードし、無死一塁の好機に山本の高めに浮いた直球をとらえると左中間席へ放り込んだ。打った瞬間にそれとわかる、完璧な当たり。雄たけびをあげると、「確信歩き」の後にゆっくりとダイヤモンドを一周。勝負を決めるダメ押しの3号2ランを放った。

開幕は「5番・一塁」でスタートを切った中田もその後は苦しんだ。打率・188、2本塁打と打撃不振のため、4月22日に抹消。その後、二軍でホームランを打ちまくり、最短復帰を勝ち取った。

原監督はこの日の中田の犠打に関して「非常に献身性のある選手。あそこは1アウトをあげてでも二塁、三塁にしたかった。よくやってくれた」と最敬礼。一方で、このシーンに関してはこんな声も上がる。

「原監督は選手に対して献身性、フォアザ・チームの姿勢を求める。たとえ4番でもバントをやらせる。逆にいえば、この采配で初めて中田は『お客さん』ではなく、チームの一員になったともいえる」(球界関係者)

ここまで3度の打点王に輝くなど、球界屈指の強打者である中田にとって、バント指令は屈辱だったかもしれない。ただ、その指令をきっちり果たしたことで再びチーム内の存在感も高まっている。

「チームの勝利のために全力でプレーするだけ」と中田はいう。チームは未だ主力の坂本、吉川を欠き苦しい状態にある。こんなときこそベテランの出番。これからもV奪回のために走り続ける。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

CocoKARA next

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加