掛川西「最速140キロ超コンビ」榊原遼太郎・沢山優介のリレーで決勝進出

掛川西「最速140キロ超コンビ」榊原遼太郎・沢山優介のリレーで決勝進出

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

好投しながらも、静高打線に1発を浴びた掛川西の榊原

<高校野球春季静岡大会:掛川西5-4静岡>◇3日◇準決勝◇静岡市・草薙球場

藤枝明誠(中部3位)が、浜松工(西部5位)を2-0で下し、初の決勝進出と東海大会(20日開幕、三重県)初出場を決めた。先発・山田蓮投手(2年)が、8回5安打無失点11奪三振の快投を見せ、県大会の秋春連覇に王手をかけた。掛川西(西部1位)は、静岡高(中部1位)に5-4で逆転勝ち。最速140キロ超コンビの榊原遼太郎(3年)と沢山優介(3年)の投手リレーで、伝統校対決を制し、東海大会出場権を得た。決勝戦、3位決定戦は、5日に草薙球場で行われる。

12大会ぶりの決勝進出にも、掛川西・榊原に笑顔はなかった。初回から投球がさえ渡り、相手打線を圧倒。3回には自己最速を3キロ更新する144キロを計測した。だが、1-0の6回2死一、二塁で、この日初被安打となる適時打を許し同点に。直後の打者には甘く入った直球を捉えられ、勝ち越し3ランを献上した。

2死走者なしから、味方の失策をきっかけに4失点。「エラーはいつでも出るものなので、その中で崩れてはいけなかったのですが」と唇をかみしめる。試合前から「強気でいかないと」と臨んだが、1球の怖さに泣き、降板。一塁の守備についた。

榊原からバトンを受けた沢山は「本人も悔しそうな顔をしていたので、自分がエースとして引っ張らないと」と、マウンドへ。登板直後は勢いに乗る相手の雰囲気に圧倒されたというが、味方が逆転した後はエンジン全開。静高打線を2安打無失点に封じ、チームを勝利に導いた。

決勝では、藤枝明誠と対戦。昨秋県大会初戦で、自身が先発して敗れた相手だ。「秋は注目されてテングになっていたが、今では自分がチームの先頭に立たなきゃいけない自覚がある。秋の借りを返したいです」。頂上決戦でリベンジを果たし、成長した姿を周囲に示す。【河合萌彦】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加