BMW M4の過激モデル「CSL」の正式デビュー前に詳細画像を一挙公開

BMW M4の過激モデル「CSL」の正式デビュー前に詳細画像を一挙公開

  • clicccar.com(クリッカー)
  • 更新日:2022/05/16

■コクピットには「iDrive8」や大型ディスプレイがないことにも注目

BMWは現在、高性能2ドアクーペ「M4」に設定するスパルタンモデル「M4 CSL」を開発中ですが、その最新プロトタイプを捉えるとともに、そのキャビン内を鮮明に撮影することに成功しました。

No image

BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

その車内には、「M」と「CSL」のブランドがはっきりとわかるカーボンファイバー、それに囲まれたセンターコンソールのオートマチックスティックが装備されています。またCSL専用のスポーツバケットシートが確認できるほか、後部にはシートがないことがわかります。

コクピットには「iDrive8」や大型ディスプレイがないことにも注目です。

No image

BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

エクステリアでは、アグレッシブな吸気口を備えるフロントバンパー、カーボンファイバーリップスポイラーを装備、その側面には赤いCSLロゴも見てとれます。

足回りでは、フロントに275/35-19、リアに285/30-20のミシュランカップ2タイヤを装着、ホイールのセンターキャップに「50Jahre BMW M」ロゴが配置されています。

No image

BMW M4 CSL 市販型プロトタイプ

予想されるパワートレインは、3.0リットル直列6気筒エンジン。「M4コンペティション」では最高出力503ps・最大トルク650Nmを発揮しますが、M4 CSLでは550psと予想され、オートマチックトランスミッションが組み合わされます。

しかしもっとも重要なのが、M4 CSLがベースモデルM4より大幅に軽量化されることです。

後輪駆動によるボディワークの軽量化と後部座席の削除により、220ポンド(100kg)以上の軽量化が実現すると思われ、この軽量化とハイスペックにより、並外れたパフォーマンスが期待できるでしょう。

M4 CSLのデビューは、5月20に決定しています。

(APOLLO)

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

あわせて読みたい

フェラーリSF90に986馬力の「VS」初設定。F1の空力技術を満載

ポルシェ パナメーラ次期型のコックピットが激変。レイアウトはタイカン風に

シビック タイプR次期型プロトタイプが本気モード。鈴鹿の次は再びニュル最速へ

ランドローバー・ ディフェンダー、第3のボディタイプ「130」が開発中

メルセデス・ベンツGLC次期型は巨大なパノラマルーフを初装備

APOLLO

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加