高岡早紀あでやか着物姿「桜の塔」最終回前に玉木宏との2ショット写真公開

高岡早紀あでやか着物姿「桜の塔」最終回前に玉木宏との2ショット写真公開

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/11
No image

高岡早紀オフィシャルブログ「But beautiful」

10日に最終回を迎える俳優玉木宏(41)主演のテレビ朝日系ドラマ「桜の塔」(木曜午後9時)に出演する女優高岡早紀(48)が9日にオフィシャルブログを更新し、玉木との2ショット写真を公開した。

高岡は「さて、明日は桜の塔最終回を迎えます。それぞれが何処へ向かい、どこへ着地するのか…どうぞお楽しみに。。」と呼びかけた。

その上で「今回初共演の玉木さんはとても男っぽい素敵な俳優さんでした!」とピースした高岡は玉木と寄り添った2ショットを公開した。

さらに「素敵な衣裳で・素敵なお店で・営業できて良かったです。(笑)」と玉木との2ショットや、あでやかな着物姿のオフショットも多数公開。「皆様、最終話までお付き合いくださりありがとうございました。高岡早紀 スタッフより」と締めくくった。

「桜の塔」は、日本テレビ系ドラマ「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」(19年1月期)の武藤将吾氏が脚本を手掛けるオリジナルドラマ。警視総監を目指し巻き起こる、組織内のパワーゲームを描きながら、野望と正義が入り乱れる究極の人間ドラマを描く。玉木は、幼少期の“ある出来事”が火種となり、権力を手に入れることを渇望するようになった警視庁捜査共助課の理事官・上條漣。高岡は、元警察官という異色の経歴を持ち、上條漣の父・勇仁の後輩だった銀座の高級クラブ「S」のママ・小宮志歩を演じている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加