仕事中に...飲むだけ着けるだけ!「秋から始めるカンタン温活」3つ

仕事中に...飲むだけ着けるだけ!「秋から始めるカンタン温活」3つ

  • BizLady
  • 更新日:2016/10/19
No image

冷え性で悩んでいる女性は少なくないはず。秋が本格化すると、どんどん“体の冷え”が気になってきますよね。服を着込んだり、カイロを貼ったりと、試行錯誤している人も多いのではないでしょうか。

“温活”をしようと思っても、面倒なことではなかなか続きません。そこで今回は、“着るだけ・飲むだけ・つけるだけ”の、簡単な温活習慣をご紹介します。

■1:冷えの根本を改善! こっそり身に着ける“腹巻き”

手足の冷えは感じることがあっても、お腹の冷えは、意外と見落としがちです。

お腹を触ってみて冷たい、と感じた人は要注意。皮膚の内側、“内臓”が冷えている可能性があります。

ダイエット・美容のニュースサイト『microdiet.net』には、お腹の冷えは全身に影響すると書かれています。

<腹が冷えることで全身への血流が悪くなり、代謝が下がり太りやすくなるだけでなく、肌荒れや冷え性の原因にもなります。特に足先が冷えを感じる人は、お腹が冷えていることが多いです。>

薄手インナーを愛用している人も多いと思いますが、お腹をピンポイントに温めるには“腹巻き”がおすすめです。

腹巻き=ダサいというイメージも今は昔。近年は、色合い・柄がかわいらしい毛糸のモノや、薄手のモノまで、さまざまな女性向け腹巻きがあります。

服に響かないモノもたくさんあるので、いつものインナーにプラスしてみては?

■2:飲み物で温活! おススメは“ココア”

ほっと一息のティータイム。あなたはどんな飲み物を楽しんでいますか?

温かい飲み物であればなんでも、飲んだ瞬間は体が内側から温まりますよね。でも、ものによって、“持続性”が異なるのをご存知でしたか?

チョコレートが有名な企業・森永製菓が運営する『COCOA REPORT』では、ホットココア、お湯、ホットコーヒー、温緑茶の4品で温度上昇の持続時間を比較し、結果を発表しています。

その結果によると、ホットココアが最も長く温度が維持されたそうです。

また、体を温める効果のある“ショウガ”とココアを比べても、

<手の甲表面温度(体末梢部)については、飲料摂取後の温度上昇の立ち上がりが「ショウガ」の方が速い傾向にあり、その温度上昇程度も高い傾向にありました。しかし、その後「ショウガ」は急速に温度低下が始まるのに対し、「ココア」はその温度低下が緩やかで長く冷えを抑制する効果が持続することが分かりました。>

温度の低下が緩やかであることが判明したのです。

せっかく温かい飲み物で暖まっても、すぐに体温が下がってしまってはもったいないですよね。

同じティータイムなら、ココアを選んで温活してみてはいかがでしょうか。

■3:着けるだけで! 意外な温活グッズ“マスク”

秋冬になると、着けている人が増加するマスク。近年は風邪の予防だけではなく、“すっぴん隠し”のために愛用する人も増えていますよね。

体調管理に役立つマスクには、じつは温活効果もあります。着けているだけで、体温を1℃上げる効果があるのです。

鼻や口周辺が温まるのはもちろん、呼吸をするときにマスクを通して保湿された空気が入ってくるため、のどの保湿にもなります。

最近は、小顔に見えるマスクなども販売されているので、風邪予防も兼ねて試してみては?

以上、今からでも始めたい“温活習慣”でしたが、いかがでしょうか。

寒い冬はまだ先……なんて油断していると、あっという間に寒さがやってきてしまいます。今のうちから温活を習慣化し、温かく冬を乗り切りましょう!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ビューティーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あなたはやってる?メイクを成功させるために絶対したいスキンケア
糖の吸収を穏やかにする!?ダイエットにも美容にも嬉しい✨【*オクラ*】の意外な効果とは??
ゲゲッ実年齢より老けてみえる!? 実は老化を加速させるNG習慣4つ
深キョンがお手本!「老けない」ためにアラサー女子が今から始めるべきコト
「食べ物」だけでメイクしてみたら予想外にいい感じ! まぶたのツヤ感はバター、シャドーにはスニッカーズ☆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加