上田竜也の「若い人が喜んでる顔を見るとうれしい」の言葉に、中村倫也が「車が欲しいんですよね...」とまさかのおねだり!?

上田竜也の「若い人が喜んでる顔を見るとうれしい」の言葉に、中村倫也が「車が欲しいんですよね...」とまさかのおねだり!?

  • TVガイド
  • 更新日:2017/10/11
No image

KAT-TUNの上田竜也が連続ドラマ初主演を務めるテレビ東京系のドラマ24「新宿セブン」(金曜深夜0:12)の試写会が同局の本社で行われ、記者会見には、上田をはじめ、共演の中村倫也、大野いと、野波麻帆、家入レオ、夏木マリが登壇した。おのおのの役どころと意気込みが語られる中、高級バナナの鑑定といった企画も盛り込まれ、和気あいあいだったという撮影現場の空気そのままの笑いの絶えない楽しいムードで進行した。

同作は、同名人気コミックが原作で、上田扮(ふん)する天才鑑定士・七瀬が主人公の、多国籍ムードあふれる新宿歌舞伎町とアジアを舞台に繰り広げられる、謎解きとミステリーを軸としたヒューマンドラマ。

上田は「主人公の七瀬というのは、新宿一のアウトローの鑑定士で、モノの真贋(しんがん)とともに人の真贋も見抜く才能を持ち、悩み事や事件を解決していくというお話になっています。七瀬はとても自分と共通する部分がたくさんあって、すごくストレスがなく役を演じていて、映像の中で好き放題、暴れさせていただいて楽しい役となっています」と役どころを紹介した。

続けて、見どころについては、「三つあるんです。一つ目は、毎回アクションシーンがあるんですが、そこは撮影するのは大変なんですけど、出来上がりを見ると本格的になっているので、そんなところも七瀬らしい見どころかなと思います。もう一つは、話数を重ねるごとに、どんどん出てくる七瀬の裏側の顔というか、少し狂気じみたところもまたポイントとなっています。最後の一つは、(中村が演じる)相方の(大野)健太とのアドリブのようなやりとりで、和気あいあいとした空気を感じてもらえてたらいいなと思っています」とアピール。

さらに、七瀬との共通点について、「ほぼほぼ共通しているんですよね。立ち居振る舞いとか、考え方とか。特に考え方かな。人それぞれに見せる顔やしゃべり方だったり、人が困っていたら、心のどこかで気になる。心の底でこれを『どうしようかな?』って考える。あまり口に出さないで考えるところが、すごく似ているなというのはあるし。あと、感情的になって体を使ってぶつかっていくというところも自分と似ていると思います」と、真剣な表情でとつとつと語った。

相方として七瀬の下で働く鑑定師見習いの健太を演じる中村は、「健太の成長というところも見どころの一つかなと思います。健太は少しアホな子なので、いつも七瀬の周りでドタバタガチャガチャさせて物語を進めていくのですが、僕がガチャガチャすることによって、上田くんの新しい顔も出てくるかなという手応えを2割くらい抱いています。そこも楽しみにしていただけたらと思います」と明かした。

また、上田の意外な一面について、「いっぱい差し入れをくれますね。若い女性のスタッフが多くて、『クレープが食べたい』とかよく言うんですよ。『うるせーな、買ってこいよ』って僕なんかは思うんですけど(笑)。上田さんは言葉に出さずに、その日の夕方にはクレープが届くんです。『やっぱりスターはお金持ってんだな』て(笑)」と語り笑いを誘うと、上田は「若い人が喜んでる顔を見るとうれしいなって思っちゃうんだよ。良かったなって」と真面目に応じた。その言葉に中村がポツリと「僕、今、車が欲しいんですよね」とねだると、上田は「30(歳)超えてるよ(笑)」と素早く切り返し、会場を沸かせ、ドラマさながらの2人のコンビネーションの良さをうかがわせた。

なお、上田が初めて主題歌をソロで務めていることも注目されている本作。「素直にドラマの世界観に上田竜也として関われることが、すごくうれしかったですし、歌を歌わせていただけるということもうれしかったですね。あと、疾走感のある曲調で、ドラマがスカッとする終わり方だったり、シリアスに終わる中で、この曲が入ってきて、『どう皆さんの心に響くかな?』というのも楽しみにしています」と上田は心境を語った。主題歌「未完成のアンサー」は、10月13日深夜0時30分からdwango、MTI、レコチョクで配信が開始される。

キーワード

KAT-TUN

ドラマ24「新宿セブン」

上田竜也

中村倫也

夏木マリ

大野いと

家入レオ

野波麻帆

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「希望の党に期待できるか?」→「ゼロ~」 日テレ「ZERO」のSEミスに「わざとだろ」
裕木奈江、渡米12年後の現在
『人殺しの息子と呼ばれて...』勇気ある告白に大きな反響 - 取材者が明かす衝撃インタビューの裏側
『ドクターX』新キャスト・野村周平が不評! 画面に映っただけでブーイングの異常事態
宮根誠司 進次郎氏に「結婚はどうします?」 緊張と緩和で笑い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加