ロシア、アレッポ空爆を前倒しで停止

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19

ロシアは18日、紛争が続くシリアの激戦地、北部・アレッポへの空爆の停止を、当初発表した20日から、前倒しして実施したことを明らかにした。

シリアの激戦地・アレッポでは、ロシア軍による空爆によって多くの市民が犠牲になるなど深刻な状態が続いている。こうした中、ロシア国防省は、アレッポで20日午前8時から8時間にわたってロシア軍とアサド政権軍が攻撃を停止する予定だったが、ショイグ国防相が18日、空爆については前倒しして、18日午前10時から停止したと発表した。理由については、市民の避難や反体制派を撤退させるための準備が必要だと説明している。

シリア情勢をめぐっては、ロシアに対する欧米の批判が強まっているが、ペスコフ大統領報道官は18日、「批判を緩和することが目的ではない」と強調している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
16歳少年、浮気相手の男性を斬首 頭部を彼女に届ける(露)
無資格中絶、医師を告発=23歳女性死亡で遺族-警視庁
「人類はかつてないほど危険な時期を迎えている」とホーキング博士が警告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加