横浜斎藤、先制弾も逃げ切れずドロー/横-柏26節

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

<明治安田生命J1:横浜1-1柏>◇第26節◇16日◇日産ス

横浜F・マリノスと柏レイソルの上位対決は、1-1で引き分けに終わった。

横浜F・マリノスは前半9分、MF斎藤学(27)の今季初ゴールで先制。相手クリアボールを左サイドで拾うと、右足でゴール右隅へ決めた。今季リーグ戦出場24試合目、J1通算200試合目の節目の試合で決めた。斎藤は前半終了間際にも、立て続けにゴールに迫るシュートを放った。

柏レイソルは後半開始から守備的MF小林祐介に代えてFW武富孝介を投入した。さらに後半25分には右サイドバックのDF小池龍太に代えて、FW大津祐樹を投入する、攻撃に重点を置いた布陣を敷いた。すると後半43分、ゴール正面で得たFKをFWクリスティアーノ(30)が直接決め、同点に追い付いた。

横浜F・マリノスは14勝6分け6敗、柏レイソルは15勝5分け6敗となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FC東京・米本、復帰支えた一般女性と結婚 昨年3度目の膝手術
恐怖!殺人鬼の館カシマ...中田浩二氏「ハンパない」
G大阪長谷川監督、初瀬&米倉に発奮求める
カシマが恐怖のスタジアム「殺人鬼の館」になる
柏DF古賀プロ初弾かっこ悪い「ちゃんと決めたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加