最新ランキングをチェックしよう
世界史の視点でみると分かる、中国・アリババ台頭の「大変革」の意味

世界史の視点でみると分かる、中国・アリババ台頭の「大変革」の意味

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/12/06

中国最大のeコマース企業アリババの子会社が、フィンテックで世界のトップを独占しつつある。
中国は長い歴史を通じて官僚国家であり、そのため、高度の技術を持ちながら、企業家精神に先導されたヨーロッパに後れをとった。
いま、中国に企業家精神を持つ人々が育ちつつある。これは、中国の歴史の中で注目すべき出来事だ。
「フィンテック100」で中国企業がトップ3を独占
今年の11月15日に発表された「フィンテック

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これが日本人の配慮? 赤ちゃん連れの日本人夫婦が見せた行動に「衝撃」=台湾メディア
日本は向こう6年間で少なくとも20機のF35Aを追加購入する計画―仏メディア
中国人旅行者の海外での消費額、3年後は46兆円に―香港紙
韓国、北朝鮮との融和重視で米韓緊張突入か...米韓軍事演習のレベル低下要請の可能性
中国のトップモデル、旧正月祝う英語メッセージが“韓国寄り”と集中砲火―米華字メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加