最新ランキングをチェックしよう
世界史の視点でみると分かる、中国・アリババ台頭の「大変革」の意味

世界史の視点でみると分かる、中国・アリババ台頭の「大変革」の意味

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/12/06

中国最大のeコマース企業アリババの子会社が、フィンテックで世界のトップを独占しつつある。
中国は長い歴史を通じて官僚国家であり、そのため、高度の技術を持ちながら、企業家精神に先導されたヨーロッパに後れをとった。
いま、中国に企業家精神を持つ人々が育ちつつある。これは、中国の歴史の中で注目すべき出来事だ。
「フィンテック100」で中国企業がトップ3を独占
今年の11月15日に発表された「フィンテック

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
女子高の同窓会が凍りついた「先生の子を妊娠しました」報告。一体何が...?
49歳セレブの腰パン姿は、ビキニよりも半裸ドレスよりも衝撃だった #深夜のこっそり話 #1064
顔が激変!? “第2のローラ”水沢アリー2年ぶり登場も「誰か分からない!」
定年直前にやっておくだけで、老後にウン十万円も得する「裏ワザ」
「コーヒー」「コーラ」「ミネラルウォーター」年収1億の人が頼むのはどれ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加