最新ランキングをチェックしよう
防衛省が「サイバー自衛官」を年収2300万円で募集。中国・ロシア・北朝鮮とのサイバー戦争には「攻殻自衛隊」で対抗せよ!

防衛省が「サイバー自衛官」を年収2300万円で募集。中国・ロシア・北朝鮮とのサイバー戦争には「攻殻自衛隊」で対抗せよ!

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2018/10/19

『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の押井守監督が語る「サイバー戦争の実態」とは?システムに侵入してインフラの機能を停止させたり、安全保障の重要機密をハッキングで盗んだり。近年、日本でも増しているサイバー攻撃のリスク。防衛省はこれに対抗せんと専門部隊の強化に励むが、SF界の重鎮・押井守(おしい・まもる)監督によれば「全然ダメ」らしい。ではどうすべき? 押井監督ら識者にガッツリ聞いた

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
厚顔クレーマー韓国を黙らせる必殺ワザ(1)韓国経済を潰す効果的な攻撃
なぜ日本と違うの?韓国人がダイソンやアップルに背を向け始めた理由
豪華客船がわずか1年で撤退、「中国のおばさん」のせい?―中国メディア
ソウル市の日本製品を韓国製に替える?韓国ネットから懸念の声多数「韓国の技術では無理」
韓国でも賛否分かれる徴用工問題。現地在住日本人が見た国民感情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加