コートが顔にあたり言い争いに...小田急線75分の遅れ

コートが顔にあたり言い争いに...小田急線75分の遅れ

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/12/01
No image

1時間以上の遅延が出ました。小田急線のダイヤが大幅に乱れたのは、ささいなトラブルが原因でした。

警察や小田急によりますと、1日午前7時前、神奈川県を走る小田急線の車内で座っていた30代の男性の顔に、前に立っていた50代の男性のコートが何度も当たりました。これをきっかけに言い争いになり、2人で海老名駅で降りて、どちらかが非常停止ボタンを押しました。このため電車はストップし、前後の電車にも影響が出て、上下線ともに最大で75分の遅れが出ました。朝のダイヤは大混乱し、通勤や通学の人たちに大きな影響が出ました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
3時間超の謝罪会見で“露呈”したDeNAの「無責任体質」
山中の斜面に一人きり 2歳女児発見時の様子が...
今年はダブルで注意が必要? ノロウイルスの傾向と対策
暴行死「もう一人の孫の方がかわいかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加