高齢男性運転のクルマ、踏切からの誤進入で軌道内を約1km走行

高齢男性運転のクルマ、踏切からの誤進入で軌道内を約1km走行

  • レスポンス
  • 更新日:2017/10/11

10日午後10時30分ごろ、北海道白老町内のJR室蘭本線で、踏切から軌道内に誤進入した乗用車が約1.2kmに渡って走行するトラブルが起きた。運転していた高齢男性にケガはなく、列車との衝突も免れたという。

北海道警・苫小牧署によると、釧路市内に在住する83歳の男性が運転する乗用車は白老町本町付近(萩野~白老駅間)にある踏切で右折して室蘭本線の軌道内へ誤進入。そのまま約1.2kmに渡って軌道内を走行し、白老町若草町2丁目付近(白老~社台駅間)にある別の踏切から脱出しようとしたが、窪地にはまって立ち往生した。

踏切内で留まっているクルマを目撃した通行人が踏切の非常ボタンを操作したことから、周辺に接近してきた列車は緊急停止を行い、クルマとの衝突は免れることとなり、人的な被害は発生しなかった。警察では運転していた男性から過失往来危険容疑で事情を聞いている。

聴取に対して男性は「踏切を交差点だと思い、道路と間違えて線路に入ってしまった。しばらく走ってから気がついたが、次の踏切で出ればいいと思った」などと供述しているようだ。警察手では事故発生の経緯を詳しく調べている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
市役所に「鯉係」も 郡山が鯉の普及に躍起になる理由
仕事中にも! 恐ろしすぎる「レイプ・ドラッグ」の罠
石原慎太郎が枝野を絶賛!その裏の理由は?
走り屋たちに“ユニバ裏” USJ近くで集団暴走
「いじめの原因はいじめられる側にある」という理由は? いじめの“原因”と“責任”を分けて考える4コママンガが考えさせられる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加