千葉競輪G3は荒井崇博がV

千葉競輪G3は荒井崇博がV

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/19
No image

「滝澤正光杯・G3」(18日、千葉)

千葉競輪の開設67周年記念「G3・第9回滝澤正光杯」決勝では、荒井崇博(38)=佐賀・82期・S1=が、先行する吉沢純平ラインの4番手をキープ。最終3角から踏み上げて千葉記念を初制覇した。記念優勝は2014年4月武雄に続き13回目。新田祐大は5着、深谷知広は8着と人気を集めた両者が不発に終わり、3連単は35万超の高配当となった。

荒井が復活をアピールする優勝だ。打鐘で動いて先行する吉沢ラインの後ろをがっちりと確保。後方でお互いにけん制し合う新田と深谷を尻目に、最終3角から一気に追い込んだ。「先行するラインの後ろにいること」とシンプルな作戦を実行。鮮やかに混戦を抜け出して、2年6カ月ぶりの記念制覇を決めた。

ここ1、2年はG1戦線で思うような結果が出せずにいたが、1月の宇都宮F1から戦法を自力に戻したことが復調のきっかけとなった。「このまま追い込み主体のままではA級に落ちる。それなら悔いを残さないように自力で戦う」と決めてから、成績が上昇してきた。来月12日からは地元での武雄記念が控えている。「このメンバーでまさか勝てるとは思わなかった。地元でも頑張りたい」。この勢いをキープして、記念連覇を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
養子として迎え入れた孫息子と愛犬の仲睦まじい姿に幸せをもらっているおばあちゃん。その愛おしき姿を撮影して公開
【正答率1%だと!?】解けたらIQ167の問題が話題に!あなたは天才か、それとも凡人か?
嵐・相葉にそれを言う?80年代アイドルの娘が放った失礼発言にファンが不快感
性感染症ポスターが神ってる! 厚労省、梅毒患者5倍に危機感
小林麻央「前入院先」病院の担当医が極秘退職したワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加