橋爪遼被告に懲役1年6月、執行猶予3年 スーツとネクタイ姿で入廷

橋爪遼被告に懲役1年6月、執行猶予3年 スーツとネクタイ姿で入廷

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

俳優、橋爪功(76)の息子で覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた元俳優、橋爪遼被告(30)の判決公判が13日、東京地裁で開かれ、福嶋一訓裁判官は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

同被告は黒のスーツとネクタイ姿で入廷すると傍聴席に深々と一礼。主文を言い渡された際は動揺することなく、正面を見据えていた。約5分で閉廷し、同被告は退廷時も傍聴席に頭を下げた。

福嶋裁判官は執行猶予付きの判決について、「覚醒剤に対する親和性は否定できず刑事責任は軽くないが、社会的な制裁を受け反省の様子がうかがえる」と説明。

同被告は10月20日の初公判で「本当に反省しています」と謝罪。この日、父の功は所属事務所によるとオフで、コメントは出さなかった。

No image

橋爪遼被告

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東京・東久留米の住宅街で火事、男女2人がやけど
校内で女子生徒と”行為” 中学教師、卒業後も関係
貴乃花親方のファッシッョンに芸能記者も動揺
「東京五輪・メディア施設は新設すべき」ビッグサイト使用計画に、数々の五輪を見た放送関係者からも疑問の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加