栃ノ心 大関のイメージは「大変」 口上はシンプルに

栃ノ心 大関のイメージは「大変」 口上はシンプルに

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/05/29

大相撲夏場所で13勝を挙げ、大関昇進を確実にしている関脇・栃ノ心(30=春日野部屋)が千秋楽から一夜明けた28日、都内の同部屋で会見した。

No image

春日野部屋で会見する栃ノ心(左)と春日野親方

緊張気味に師匠・春日野親方(元関脇・栃乃和歌)とともに会見の席に着いた栃ノ心は「(初日から)10連勝して、優勝できるかな、と思ったけど…。三賞たくさんもらえましたし、よかった」と夏場所を振り返った。大関のイメージを聞かれるとは「ほんとに大変。うれしいけど大変」と“大変”を連発し、早くも責任感をにじませた。

30日の伝達式で述べる口上については「考えていないです。(師匠と)相談します」と春日野親方の方を向いた。師匠は「栃ノ心の信条を入れたい。できるだけシンプルに。言葉がちょっと」と苦笑いで口上の青写真を描いていた。

「大関・栃ノ心」は30日に開かれる臨時理事会で正式に決定し、同日に昇進を伝える使者を迎える「伝達式」が行われる。

栃ノ心は初場所で14勝1敗の成績で初優勝。春場所で10勝、夏場所で13勝を挙げた。春日野部屋からの大関誕生は栃光、栃ノ海以来56年ぶりとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高安、横綱稀勢の里に3勝8敗も「いい環境で充実していた」 徳島合宿打ち上げ
白鵬 長男・真羽人くんと夢の親子一番「いい稽古になった」
白鵬、長男を合宿先で稽古に合流させてパパの顔
ロシア出身・阿夢露、感謝の断髪式 今後はトレーナーを目指す
【スポーツ今昔物語 #3】 国技と言われるのも納得!? 古代の朝廷から江戸の庶民まで親しんだ相撲
  • このエントリーをはてなブックマークに追加