イーロン・マスクはテスラの充電ステーションをレトロアメリカンなドライブインにしたい?

イーロン・マスクはテスラの充電ステーションをレトロアメリカンなドライブインにしたい?

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2018/01/12
No image

Image:Brian S/Shutterstock

古き良きドライブインを最新鋭のクルマで楽しむ。

昨年の9月、Tesla(テスラ)は全米の充電ステーションにコンビニを併設する予定であると発表しました。当時その詳細は語られませんでしたが、イーロン・マスクは先週末、このアイデアについてちょっとだけ具体的な案を明かしたのです。どうやらマスク氏は、一部の充電ステーションをドライブインにしたい模様。

数カ月前、Teslaの最高技術責任者であるJ.B. ストローベル氏はFSTECの外食産業テックカンファレンスで、「(充電ステーションの)利用者はその都度20分から30分立ち止まる必要があり、彼らは食べ物、コーヒー、そしてお手洗いを使いたい」と聴衆に語っていました。Restaurant Buisinessでは、ストローベル氏がコンビニのように見えるデザインコンセプトをお披露目したと報じられています。そのコンセプトに関して彼は、Teslaは「既に飲食店と取り組んでいる」と語っていました。

Gonna put an old school drive-in, roller skates & rock restaurant at one of the new Tesla Supercharger locations in LA
— Elon Musk (@elonmusk)
2018年1月7日
from Twitter

LAにあるTeslaの新たなスーパーチャージャー設置ロケーションの1つには、昔ながらのドライブインスタイルで、ローラースケート&ロックなレストランを設置するつもり

みんなを喜ばせようとしているように見えなくもないですが、イーロン・マスクのことですからトンネル計画のように突飛な案だろうと実現させるつもりなんでしょう。EVを充電するための場所がローラースケートで移動する店員のいるレトロフューチャーなドライブインというのは、奇妙でありながら、なんだかふさわしい感じもしますよね。

実際この投稿だけでは、ハッキリしない部分も多いです。何もローラースケート用のリンクというわけではなく、おそらくウェイトレスがローラースケートで滑るってことをマスク氏は意味しているし、「rock restaurant」が何を指すのかは確信が持てないものの、Sonicドライブインのようなものではないでしょうかね。

おそらくこの案はロサンゼルスだけであって、全米に広がるスーパーチャージャーステーションを見直すための計画だとは思えません。ウェイトレスがローラースケートを滑りながら、車まで食事を運びに来てくれるドライブイン自体が廃れていますからね。 とはいえ、その詳細は気になるところ。米GizmodoがTeslaに問い合わせたようなので、続報を待つとしましょう。

Image:Shutterstock
Source:Twitter,FSTEC,Restaurant business,Sonic

Rhett Jones - Gizmodo US[原文

(たもり)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【今週の運勢】1月22日(月)~1月28日(日)の運勢第1位は牡牛座! そまり百音の12星座週間占い
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
牛肉「A5ランク信仰」崩壊...「実はおいしくない霜降り肉」離れ加速
「0点」だった小学生の国語の回答が、むしろ天才的だった件!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加