最新ランキングをチェックしよう
イトマン事件の裏側〜闇社会と闘ったエリートバンカーが封印を解いた

イトマン事件の裏側〜闇社会と闘ったエリートバンカーが封印を解いた

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2016/10/20

バブル期最大のスキャンダル
「表」と「裏」が渾然一体となった社会――それは長く日本型システムとして認知され、ピークは1980年代半ばから90年代始めにかけてのバブル時代だった。
株主総会を「総会屋」が仕切り、ゼネコンの下請けを「名義人」と呼ばれる業者が捌き、地権者や住民の反対で不動産事業が停滞すれば「地上げ屋」が活躍、乱発手形が市中に出回れば「回収屋」の出番であり、そうした勢力の背後には必ず暴力団

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加計問題・愕然とするしかなかった「前川新会見」の空疎な中身
覆面パトカーにBMW M3!? 警視庁マークXスーチャー覆面コンプリート図鑑・高速道路(高速隊)編
流れ出た燃料に群がる人々に炎 150人以上死亡
飼い犬が踏切に... 大学准教授が電車にはねられ死亡
東名バス事故の“神対応”運転手に同業者が厳しく「ダメ出し」するワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加