若狭議員が「国会の一院制」 新党参加の条件に

若狭議員が「国会の一院制」 新党参加の条件に

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

新党結成を目指す若狭議員が「国会の一院制」を打ち出しました。

若狭勝衆議院議員:「国会一院制を憲法改正するのであれば、それをまさしく国民の有権者の皆様に訴えていくのが二大政党制を目指す私が今、作ろうとしている党の憲法に関しての考え方です」
若狭議員は一院制を実現することで、スピーディーな国会運営や国会議員の議席数の200人以上削減、国会の運営費の3割削減を実現できると訴えました。若狭議員は「小池知事も賛同している」としたものの、新党について協議している細野議員とは「議論した」と述べるにとどめました。そんななかで、若狭議員は「一院制に反対する人は新党のメンバーにはならない」と話し、新党参加の条件にしたいという考えを示しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院解散】「黒幕」前面に...小池百合子都知事が新党代表 焦りの裏返し 首相解散表明直前の会見 改憲、原発ゼロと総花的な政策
【単刀直言】連合・神津里季生会長 風頼みの民進党離党者「許せんなと思いますね」
小池新党:希望は見い出せるか?はアレが入るのかにかかってます!
「稲田朋美」とは何だったのか?もてはやされた「保守政治家」の凋落
東国原、上西議員の不出馬に「やっぱり単なる『クズ』だった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加