鹿島昌子源「唯一取っていない」来季ACL優勝狙う

鹿島昌子源「唯一取っていない」来季ACL優勝狙う

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/06
No image

ベストイレブンに選出された、前列左から川崎F・MF中村、G大阪MF井手口、川崎F・FW小林、C大阪MF山口、同FW杉本、後列左から柏GK中村、鹿島DF昌子、川崎F・DF車屋、同DFエウシーニョ(撮影・江口和貴)

<Jリーグアウォーズ>◇5日◇横浜市

2度目のベストイレブン選出となった、鹿島アントラーズDF昌子源(24)は授賞式後の会見で、プロ7年目で初のフルタイム出場を果たした今季について聞かれ「フルタイムで試合に出たのは、鹿島で僕1人。そういう意味で、より責任を感じています」と、最終節で川崎フロンターレに逆転優勝を許した責任を口にした。

その上で「来年もフル出場したいですし、しっかり優勝に導きたい」と捲土(けんど)重来を誓った。

会見では、来季のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)への意気込みを聞かれた。鹿島は19個のタイトルを獲得しているが、ACLは今季も16強で中国の広州恒大に屈した。昌子は「国内のタイトルは、いろいろ取らせてもらっていますけど唯一、取っていないのがACL。今年も優勝できなかった。来年という思いもありますし、優勝に導ける選手になれるような活躍をしたい」とリベンジを誓った。

16年はクラブW杯で決勝に進出し、レアル・マドリード(スペイン)に2-4で敗れたものの一歩も引かない戦いを見せた。その舞台に、ACLを制した浦和が立つ。浦和へのメッセージを求められると「僕も、なかなか偉そうなことは言えませんが、昨年の経験は個人、チームにとって間違いなくプラスになっている。浦和さんには頑張って欲しい。日本を代表して、優勝という目標を持っていると思うので、そこに向かって頑張って欲しい」とエールを送った。【村上幸将】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
電通マンが警視庁倒す 過労死問題で練習時間増えた
セルジオ越後が今季のJリーグを振り返る 「川崎と鹿島の明暗を分けた選手起用法は...」
樋口健太郎が初出場初V「20年東京も視野に」
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
5度目の挑戦でついに参入戦突破!磐田U-18が前橋育英をPK戦で破り、プレミアリーグ初昇格!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加