これって、4輪のTRICITY?―ヤマハ「MWC‐4(エムダブリュシー フォー)」、東京モーターショーに参考出展

これって、4輪のTRICITY?―ヤマハ「MWC‐4(エムダブリュシー フォー)」、東京モーターショーに参考出展

  • インターネットコム
  • 更新日:2017/10/12

ヤマハは東京モーターショー2017に、「MWC‐4(エムダブリュシー フォー)」を参考出展する。世界初披露となるモデル。

すべての動画・画像がある記事はこちら

「MWC‐4」は、“ハーフサイズモビリティ”をコンセプトに開発した4輪車。3輪バイク「TRICITY」と同じ「Leaning Multi Wheel(LMW)」技術を搭載している。二輪車にはない快適性と、姿勢制御技術が実現する新感覚の走行フィーリングを、モーターサイクルと楽器からインスパイアされたスタイリングで表現した。

ヤマハの3輪バイク「TRICITY」はその高い安定性と爽快感から、中高年の“カムバックライダー”から高い人気を得ている。だがいっそ4輪にして屋根も取り付け、さらにクルマに近づけて欲しいという声もあった。「MWC-4」が市販化されれば、そのような要求に応える一台となるかもしれない。もちろん、名前は「TRI」CITYではなくなるだろうが。

No image

ヤマハはまた、「MOTOROiD(モトロイド)」も参考出展する。これは知能化技術というインテリジェンスを用いて、「人とマシンが共響するパーソナルモビリティ」を目指す概念検証実験機。開発コンセプトは「UNLEASHED PROTOTYPE(常識からの解放)」、オーナーの存在を認識するなど、まるで生きているようなインタラクション(相互作用)機能を持つという。

ヤマハは「MOTOBOT Ver.2(モトボット バージョン2)」も技術展示する。こちらも世界初披露となる技術で、モーターサイクル技術とロボティクス技術を融合した、自律ライディングロボット。車両そのものには手を入れず、ロボットによる車両操作にフォーカスして高速でのサーキット走行を可能にした。

ヤマハは上記を含むワールドプレミア6モデル、ジャパンプレミア4モデルを含む、合計20モデルを展示する予定。

すべての動画・画像がある記事はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッシとバトルするロボット? ほか、ヤマハ発動機の東京モーターショー2017出展概要
ケネディ前大使が語った「ゴミは中国、漁業は日本よ」の意味とは
「ココイチ創業者」学校に6億円超の楽器を寄贈...ネット上に賞賛の声
企業とデザイナーが組んでデザインの視点から素材の可能性を引き出す企画展がスタート
シチズン時計、デイバックシリーズをイメージした「OUTDOOR PRODUCTSウオッチ」第2弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加