山梨県下で「スーパーやまと」9店舗を展開、(株)やまとが破産申請へ

  • 東京商工リサーチ(TSR)
  • 更新日:2017/12/07

(株)やまと(TSR企業コード:340091541、法人番号:2090001011226、韮崎市富士見2-12-36、設立昭和26年2月、資本金3000万円、小林久社長)は12月7日、店舗を閉鎖し、破産手続きを古屋俊仁弁護士ほか(古屋法律会計事務所、甲府市北口1-1-8、電話055-254-3915)に一任した。
負債総額は約16億7000万円(平成29年6月期決算時点)。

鮮魚店として創業し昭和50年、食品スーパーに転換した。韮崎市および北杜市を中心に甲府市、笛吹市、市川三郷町などで「スーパーやまと」を展開。平成4年以降、ホームセンターとの共同による複合型店舗を相次いで出店するなど急成長し、12年6月期にはピークとなる売上高約78億9200万円をあげていた。
また、後継者がいない中小スーパーの再生や空店舗への出店による商店街の支援ほか、298円弁当の販売や県内初のレジ袋有料化、電気自動車充電スタンドの設置、高齢者等の買い物難民が多い地域への移動スーパー運行などユニークな取り組みで話題を集めていた。
しかし、設備投資などによる借入負担が重かったうえ、同業者との競争激化等から採算性は悪化。最大16店舗を構えていたものの、25年以降は不採算店舗を中心に7店舗を閉店し、29年6月期の売上高は約27億4000万円まで縮小した。
近年は取引銀行による借入返済の資金繰り支援や不採算店舗の閉鎖等で経営の立て直しを図っていたが、赤字が続いていたうえ、29年10月の台風の影響による集客減等で資金繰りが逼迫し、今回の措置となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大塚家具、経営危機へ...久美子社長の改革失敗、父・勝久時代より経営悪化
「からくさホテル札幌」、来年1月22日オープン コネクティングルームを110室設置
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
2017年のふるさと納税お礼品人気ランキング年間1位は上半期に続き「○○牛」
米国で増加する職業トップ3と、それに必要なスキル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加