最新ランキングをチェックしよう
ペットの “かわいい子犬” が 実は「オオカミ」だったって話

ペットの “かわいい子犬” が 実は「オオカミ」だったって話

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2016/10/20

‟似ているが全然違う物” は、世の中にたくさんある。例えば、動物だとネズミとハムスター、チンパンジーと猿といったところだろうが、犬とオオカミもその一例である。
そして、なんとカワイイ子犬を譲られたと思ったある男性が、「飼い始めたペットがワンコではなく、実はオオカミだった」ことに気づいたというニュースが、話題となっているので紹介したいと思う。
・かわいい子犬を無料で譲り受けたけれど……
米アリゾナ州

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
また会えると信じて。6年前に亡くなった主人の墓から離れようとしない犬(アルゼンチン)
犬はどんな反応をする?我が家に赤ちゃんがやってきた【実体験】
ころころころりん、みんな元気に走り回るよ!モコモコまんまるアラスカンマラミュートの子犬たち
「お母さんおもたい?」「へっちゃらよ!」オポッサムの赤ちゃんの面倒を見るジャーマンシェパード
「パパ、大好きだよ♪」飼い主さんへの信頼を、視線にこめる柴犬! その眼差しに...やられたーっ♡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加