ラモス瑠偉氏 ビーチサッカー日本代表監督に再就任「帰ってきたぞ」 日の丸への熱い思い熱弁

ラモス瑠偉氏 ビーチサッカー日本代表監督に再就任「帰ってきたぞ」 日の丸への熱い思い熱弁

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

19年W杯を目指すビーチサッカー日本代表監督に就任したラモス瑠偉氏(61)が14日、都内で同じくコーチに就任した牧野真二氏(41)らとともに会見を行った。

No image

会見」に出席したビーチサッカー日本代表監督に就任したラモス瑠偉氏

ラモス氏はビーチサッカー日本代表の初代監督で、過去に4度のW杯を指揮した。05年大会では4強に導いた実績を持つ。「帰った来たぞ!」と笑顔を見せ、「アジアを勝ち抜くのは難しい。むちゃくちゃレベルが上がっている。若い選手を育てて、アジアの予選を勝ち、どこかでまたベスト4狙いに行きます。ベスト8までいったら、決勝に行く自信があります。精一杯100%、120%の力で頑張る」と力を込めた。

16年12月に脳梗塞で倒れたが、懸命のリハビリで復帰。体調面については「悪かったらここにいない。医者がびっくりするぐらい、順調。飛行機も乗っているし、問題はまったくない。おかげさまで全然大丈夫です」と回復をアピール。正式なオファーは「10月か11月頃」だったといい、「何かの形でもう一回、ビーチサッカー盛り上げるために、日の丸付けて監督やりたいという思いがあった。W杯出るためだけに監督になったわけじゃない。日本サッカー界のために何かの役に立ちたいという思いで受けた」と話した。

今の代表には「粘り、ファイティングスピットが足りない」と苦言。「日の丸の重みは、ビーチサッカーだろうか、フットサルだろうが、野球だろうが、変わらない。すごい名誉なこと。もうちょっとプライドを持ってやってほしい」と日の丸を背負うことの重みについて熱弁した。日本では、ビーチサッカーをやる環境があまりないという現実もあるが、「強いところは毎日やっている。欧州も近いからリーグに参加したりもしている。ちゃんとしたリーグを作るとか、環境を整えていかないと」とプレー環境の整備も訴えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子日本代表に帯同する、あのイケメン外国人は何者か
「わだかまり、もうない」=契約破棄のジャマイカに声援-下町ボブスレー〔五輪〕
平昌メダリスト支える味の素“お母さん食堂”の秘密メニュー
市川美余氏も大喜び カーリング女子の劇的勝利に「思わず叫んでしまいました!」
【準決勝進出一問一答】スキップ藤沢「もう一度チャンス...このままでは終われない」/カーリング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加