ゼイン・マリク、英版 GQ誌で2017年男性ベストドレッサーに輝く

ゼイン・マリク、英版 GQ誌で2017年男性ベストドレッサーに輝く

  • アサジョ
  • 更新日:2016/11/29
No image

歌手のゼイン・マリク(23)が英版GQ誌の2017年男性ベストドレッサーに輝いた。同誌史上初の決勝一般投票にて、ゼインは約3万票中みごと59パーセントの票を集め、41パーセントのトム・ヒドルストンを抑えてそのタイトルを手にしたとGQオンラインが伝えている。

実は2013年にもゼインはこのベストドレッサーに輝いたことがあり、今回の選出によりこの称号を2度獲得した初の男性となった。

最近ではドナテラ・ヴェルサーチによるヴェルサスヴェルサーチの新作コレクション「ゼインxヴェルサーチ」を手掛けるなど、音楽界のみならずファッション界でも華々しい活躍を見せているゼインは、子供の頃から独自のスタイルを持っていたと自叙伝「ゼイン」の中で綴っている。「子供時代でさえ、僕にはちょっとした個人的なスタイルがあった。学校の制服ってものや、ネクタイとかなんかを着るとかいうそのルール全てが大嫌いだった。でも、僕らが制服のブレザーをどう着こなすかについてはルールがないと発見してからは、ジャケットの片方は腕を通し、もう片方は腕を通さず肩にかけたスタイルで歩いていた」

さらに、今や人気モデルのジジ・ハディッドと交際しているゼインだが、昔は洋服において冒険することに臆病だったそうで、「若い頃からかなり世間の目にさらされているから、いろんなリスクを冒すことに少し臆病になったんだ。自分の着るものにおいて、無難なものから外れたり、規定概念から外れたいという気はそんなになかった」と明かしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋ジョージ「新事実」発言で、三船美佳への批判強まる
高畑充希が坂口健太郎との交際を隠しきれなかった「2つ理由」
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
成宮寛貴より真っ黒?当局が本丸で狙う大物”美女アスリート”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加