清水悠太、快勝で初戦突破

清水悠太、快勝で初戦突破

  • tennis365
  • 更新日:2017/11/14
No image

初戦突破を果たした清水悠太 : 画像提供 ダンロップ スリクソン ワールドチャレンジ

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ(日本/愛知県、カーペット)は13日、シングルス1回戦が行われ、18歳の清水悠太が20歳の山崎純平を6-3, 6-2のストレートで破り、初戦突破を果たした。

2回戦では、第2シードのM・エブデン(オーストラリア)高橋悠介の勝者と対戦する。

清水は8月のダンロップ スリクソン全日本ジュニアテニス選手権(大阪/大阪市、靱テニスセンター)で単複2冠を達成。9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)では堀江亨とのダブルスで、日本人同士のペアで四大大会ジュニア初の決勝進出を果たした。

さらに10月の大阪市長杯 世界スーパージュニアテニス選手権大会(大阪府/ブルボン ビーンズドーム、室内ハード)に第1シードで出場し、世界ジュニアの頂点に立った。

同日の1回戦では世界ランク392位の今井慎太郎が第1シードのダニエル太郎をストレートで破る金星をあげ、2回戦へ進出した。守屋宏紀A・ウィッティントン(オーストラリア)に敗れた。

今大会の第3シードは伊藤竜馬、第4シードは添田豪、第5シードはJ・ミルマン(オーストラリア)、第6シードはクォン・スーン・ウー(韓国)、第7シードはC・エメリー(フランス)、第8シードはイ・ダクヒ(韓国)

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『M-1』歴代王者、前年成績の法則アリ? 戦績から読み解く優勝争い
スランプを乗り越えて手に入れた「これ以上はない」と思える最高のキャリア〜元テニス選手・杉山 愛
内山靖崇「今までで一番」
錦織帰国 週末は有明に登場
デ杯決勝 24日にスタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加